FROM THE BEATLES 60年代 70年代 ロックの森

ザ・ビートルズとその周辺

月別アーカイブ:2016年12月

no image

アーティスト達(ビートルズの周辺) ビートルズと物語

2016年 ビートルズ・ブログのラスト ジョージ・マーティンに捧ぐ In My Life

2016年も12月31日となりました。 非常にスローペースで書いてまいりましたビートルズ・ブログ。 本年のラスト記事にしたいと思います。

no image

ソングス ポール・マッカートニー

年の瀬のビートルズ 一目惚れしたあの娘は理想の人 夢の人 I've Just Seen A Face

年の瀬ですねー。 いかがお過ごしでしょうか。 日が落ち、夜が訪れるという営み。 ちょっと寒さを感じる2016年12月30日の日暮れ時。 あったまる曲を聴きたくなりました。

no image

ソングス

恋におちたら If I Fell ジョンとポールのハーモニー

2016/12/29    ,

ビートルズ3作目のアルバムであるA Hard Day's NightのA面3曲目に収録されたのが『If I Fell』(邦題:恋におちたら)。 お馴染みレノン=マッカートニーのナンバーですが、実質的に ...

no image

未分類

今宵のビートルズ Old Brown Shoe(オールド・ブラウン・シュー) ジョージ・ハリスンの渾身

2016/12/25  

今日も終わりを迎えようとしています。 ちょっと肌寒さを感じる一日となりました。 さて!今宵は何を聴こうか-!と、思っていたところ、頭に浮かんだのがこのナンバー。 Old Brown Shoe(オールド ...

no image

ジョン・レノン ソングス

恋する二人 I Should Have Known Better(アイ・シュッド・ハヴ・ノウン・ベター)

2016/12/24    

ビートルズ3枚目のアルバムである『A Hard Day's Night』のA面2曲目に登場するのが、I Should Have Known Better(アイ・シュッド・ハヴ・ノウン・ベター)。 邦題 ...

no image

ジョン・レノン ソングス ビートルズと物語

Watching The Wheels(ウォッチング・ザ・ホイールズ)が流れる午後

2016/12/23    

ジョン・レノンが音楽活動を再開し、1980年にはアルバム『Double Fantasy(ダブル・ファンタジー)』が発表されますが、まさかこの作品が遺作になるとは、当時想像だに出来ませんでした。 当時は ...

no image

未分類

ビートルズの『EIGHT DAYS A WEEK-The Touring Years 』Blu-ray DVDが発売に

楽しみに、この日を待っていらっしゃた方々も多いのではないでしょうか。 ビートルズの標記作品が、いよいよ発売に。 日本限定の特典も用意されているようで、マニアの皆さんにとっては、マストバイでしょうか。

no image

ソングス

ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!・・・と、かつて呼ばれていたナンバー

ビートルズの3枚目となるアルバム「A Hard Day's Night」。 アルバム冒頭には、そのタイトル曲となったナンバーがいきなり登場します。 現在日本では、「ハード・デイズ・ナイト」という書き方 ...

no image

アルバム ビートルズと物語

ビートルズの赤盤・青盤とマージーサイドダービー

2016/12/19    ,

ビートルズのベスト盤として、ファンから「赤盤・青盤」と呼ばれ、親しまれているアルバムがありますね。 赤盤のほうは、1962年~1966年と、青盤は1967年~1970年と記されています。 実は、今日と ...

no image

アルバム ビートルズと物語

ビートルズ第3作目のオリジナルアルバム A Hard Day's Night(ア・ハード・デイズ・ナイト)

2016/12/17    

1963年に、プリーズ・プリーズ・ミー、ウィズ・ザ・ビートルズという2枚のアルバムを発表したビートルズは、文字通り世界のスターダムへとのし上がっていきました。 その勢いを更に加速させ、ミュージックシー ...

no image

アーティスト達(ビートルズの周辺)

Sting(スティング)が大好きな日本のラーメン店とは

2016/12/14    ,

ビートルズが疾風の如く駆け抜けた60年代。 この時代から70年代にかけては、実に興味深いバンドが、次々に登場してきた時でもありました。 70年代に出て来たバンドの中でも、刺激的だったのはポリスではない ...

no image

ジョン・レノン ソングス

ジョン・レノンのボーカルが冴え渡るカバー Money (That's What I Want) マネー

ビートルズのセカンドアルバムであるウィズ・ザ・ビートルズのラストを飾るナンバーに、彼等はカバーを持って来ています。 Money (That's What I Want) マネー。 私は、このナンバーに ...

no image

アーティスト達(ビートルズの周辺) ソングス

ちょっぴりユニークなお薦めビートルズ・ナンバーのカバー B-52'sのPaperback Writer(ペイパーバック・ライター)

ビートルズのナンバーは、実に多くのアーティスト達からカバーをされています。 たとえば、ビートルズのカバーを発表することで、チャートの1位を取ったという有名なものもありますね。 もう、数え切れないほど、 ...

no image

ジョン・レノン ソングス

ビートルズ初期において出色の名曲 Not A Second Time(ナット・ア・セカンド・タイム)

ビートルズのセカンドアルバム、ウィズ・ザ・ビートルズのB面7曲目に収録されているのが「Not A Second Time(ナット・ア・セカンド・タイム)」です。 いやいや、実は私、このナンバーが大好物 ...

no image

アーティスト達(ビートルズの周辺)

どうか安らかに R.I.P Greg Lake グレッグ・レイクの思い出

ロック史に偉大なる足跡を残した素晴らしいアーティストが、また一人天国へ旅立ちました。 グレッグ・レイク。 私にとって、特別な存在の一人でした。 グレッグ・レイクの死により、エマーソン・レイク&パーマー ...

Copyright© ザ・ビートルズとその周辺 , 2019 All Rights Reserved.