FROM THE BEATLES 60年代 70年代 ロックの森

ザ・ビートルズとその周辺

A Hard Day's Night

no image

ジョン・レノン ソングス

When I Get Home(家に帰れば)

1964年7月10日、イギリスで発表されたビートルズ、3作目のオリジナルアルバムがA Hard Day's Night。 躍動感あふれるアルバムですが、このB面4曲目に収録されたのが、When I G ...

no image

ソングス ポール・マッカートニー

ポールらしさ漂うポップ Things We Said Today(今日の誓い)

1964年7月10日に発売となったビートルズ3枚目のオリジナルアルバムが『A Hard Day's Night』。 このアルバムに『Things We Said Today(今日の誓い)』は収録されて ...

no image

ジョン・レノン ソングス

ジョンがお気に入りだったという『A Hard Day's Night』の1曲 I'll Cry Instead(ぼくが泣く)

イギリスで、1964年7月10日に発表されたビートルズ3作目のオリジナルアルバムが『A Hard Day's Night』。 これまでも、何度か書いてきましたが、実に勢い、元気を感じる作品に仕上がって ...

no image

ソングス

ビート感あふれるラブ・ソング エニイ・タイム・アット・オール(Any Time At All)

1964年7月10日に、イギリスで発売されたビートルズのアルバム『A Hard Day's Night』。 彼等にとって、3枚目のオリジナル・アルバムという位置づけになりますね。 このアルバムのB面冒 ...

no image

ソングス

疾駆するビートルズ その勢いを象徴するナンバー キャント・バイ・ミー・ラヴ(Can't Buy Me Love)

ビートルズの初期作品には、元気さ、勢いが充ち満ちているように思います。 そんな作品群にあっても、スペシャルな一曲が、キャント・バイ・ミー・ラヴ(Can't Buy Me Love)ではないか?と、思え ...

no image

ソングス

悲しみだってビートに乗せてしまう初期のビートルズ Tell Me Why(テル・ミー・ホワイ)

ビートルズ3作目のアルバムであるA Hard Day’s NightのA面6曲目に収録されているのが『Tell Me Why(テル・ミー・ホワイ』。 レノン=マッカートニー作品ですが、実質的にはジョン ...

no image

ソングス ポール・マッカートニー

ガットギターの調べが印象的なラブソング And I Love Her(アンド・アイ・ラブ・ハー)

ビートルズ3作目のアルバムであるA Hard Day's NightのA面5曲目に収録されているのが『And I Love Her』。 ポール・マッカートニーらしいラブソングだと言えそうです。 基本的 ...

no image

ジョージ・ハリスン ジョン・レノン ソングス

すてきなダンス ジョン・レノンがジョージ・ハリスンに歌わせたことに意味はあるのか?

ビートルズ3作目のアルバムであるA Hard Day's Night、そのA面4曲目に収録されたのが『I'm Happy Just To Dance With You』(邦題:すてきなダンス)。 レノ ...

no image

ソングス

恋におちたら If I Fell ジョンとポールのハーモニー

2016/12/29    ,

ビートルズ3作目のアルバムであるA Hard Day's NightのA面3曲目に収録されたのが『If I Fell』(邦題:恋におちたら)。 お馴染みレノン=マッカートニーのナンバーですが、実質的に ...

no image

ソングス

ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!・・・と、かつて呼ばれていたナンバー

ビートルズの3枚目となるアルバム「A Hard Day's Night」。 アルバム冒頭には、そのタイトル曲となったナンバーがいきなり登場します。 現在日本では、「ハード・デイズ・ナイト」という書き方 ...

no image

アルバム ビートルズと物語

ビートルズ第3作目のオリジナルアルバム A Hard Day's Night(ア・ハード・デイズ・ナイト)

2016/12/17    

1963年に、プリーズ・プリーズ・ミー、ウィズ・ザ・ビートルズという2枚のアルバムを発表したビートルズは、文字通り世界のスターダムへとのし上がっていきました。 その勢いを更に加速させ、ミュージックシー ...

no image

アーティスト達(ビートルズの周辺) ソングス

今宵のビートルズ シェリル・クロウが奏でるA Hard Day's Night

今日も一日が終わろうとしています。 生きています。 犬のように走り回ったほどではありませんが、それなりにエネルギーも使いました。 そんなわけで、今宵も何かを聴きながら幕を閉じることといたしましょう。

Copyright© ザ・ビートルズとその周辺 , 2019 All Rights Reserved.