FROM THE BEATLES 60年代 70年代 ロックの森

ザ・ビートルズとその周辺

ソングス

ビート感あふれるラブ・ソング エニイ・タイム・アット・オール(Any Time At All)

投稿日:


1964年7月10日に、イギリスで発売されたビートルズのアルバム『A Hard Day's Night』。
彼等にとって、3枚目のオリジナル・アルバムという位置づけになりますね。
このアルバムのB面冒頭に出てくるのが、今回取り上げるエニイ・タイム・アット・オール(Any Time At All)。
お馴染み、レノン=マッカートニー作品ですが、実質的にはジョンのものと言われています。

当時におけるビートルズの勢いが、そのまま乗り移ったかのような印象を受けるナンバーかと思います。
とにかく、大胆でダイナミックなビートが効いていますね。
気持ちがよいほどです。

歌詞をそのまま素直に読めば、ラブソングだと言えなくもない・・・と、私は思います。

「君から知らせがあれば、ぼくはすぐに飛んでゆくよ」

「いつだってね。どんなときだってね」

真っ直ぐな恋を感じるわけですが、その感情が、ビートにも表れているし、ジョンのボーカルもパワフル。

また、ボーカル部分では、まずジョンがタイトル・コールをするのですが、2度目のタイトルコールはポールが担当しており、この掛け合いが絶妙だと感じます。

ビートルズにとって、この時代は、宇宙へと羽ばたく時だったのでしょう。
アルバム全体を通じ、勢いを感じます。

当時の音楽シーンに思いを馳せてみると、こういったナンバーが世に問われること自体、画期的だったことでしょう。
あえて言えば、サプライズ。

ビートルズが、世界を席巻していくとき。
エネルギーに充ち満ちた作品だと思います。

広告

-ソングス
-,

Copyright© ザ・ビートルズとその周辺 , 2019 All Rights Reserved.