FROM THE BEATLES 60年代 70年代 ロックの森

ザ・ビートルズとその周辺

アルバム ソングス

今宵の1曲 エヴリー・リトル・シング The Beatles For Sale

投稿日:

beatles04_forsale
夏から秋へとうつろいゆく季節。

こんな夜は、初期のビートルズを聴いて、エネルギーをもらおう!なんて、思ったりもします。

1964年12月4日にリリースされた、「ビートルズ・フォー・セール」は、非常に気持ちのよいアルバムだと実感します。

とにかく、全体的にバックボーカルが生き生きとしていて、ハーモニーが気持ちいい!

そんなフォー・セールから、今宵は、「エヴリー・リトル・シング」を取り上げてみたいと思います。

このナンバーもお馴染み、レノン&マッカートニーの作ですが、実質的には、ポール・マッカートニーが手がけたものと言っていいようです。
(このことは、後年ジョン・レノンも発言しているとのこと。)

面白いのは、それでも、リード・ボーカルを取っているのが、ジョン・レノンであるということ。

ただ、ポール・マッカートニーのバック・ボーカルが、実に効いていて、曲のサビ部分になると、ポールの声が前面に出てきます。

お洒落な演出だと思います。

また、曲にアクセントをつけているのが、盛り上がる部分で2拍を強調するため、リンゴが初めてティンパニを叩いていること。
この2拍が、何とも言えない味わいを加えていると思うのです。

繰り返しますが、このアルバム、このナンバーでのハーモニーは、実に気持ちがいい!

この頃のジョン・レノンのボーカルも、後年では出していない味わいがあると思います。

ある意味、ビートルズが一番、音楽と楽しく向かい合っていた時代なのかもしれません。

広告

-アルバム, ソングス

Copyright© ザ・ビートルズとその周辺 , 2019 All Rights Reserved.