FROM THE BEATLES 60年代 70年代 ロックの森

ザ・ビートルズとその周辺

ソングス

元気あふれる初期のラブソング Hold Me Tight(ホールド・ミー・タイト)

投稿日:

Hold Me Tight
ビートルズのセカンドアルバムであるウィズ・ザ・ビートルズ。
そのB面2曲目に登場してくるのが『Hold Me Tight(ホールド・ミー・タイト)』。
初期のビートルズらしい、元気を感じさせるラブ・ソングです。

他のナンバーでもビートルズが用いる手法ですが、ホールド・ミー・タイトでも全編に手拍子の音が入っており、それがとてもいいですね。
気持ちがいい。

お馴染み、レノン=マッカートニーによる作品ですが、実質的にはポールのナンバーだと言われています。
手拍子とバックコーラスに乗せて、ポールのボーカルも生き生きとしています。

Hold me tight,tell me I'm the only one
And then I might never be the lonely one

抱きしめてよ!ぼくだけだと言ってほしいな!
そうしたら、寂しさなんて吹っ飛んじゃうよ!

といった感じでしょうか。
若い時代。
ビートルズが更に高い空へと飛翔しようとする時代。
そのエネルギーを象徴するかのようです。

私は、後期におけるナンバー達が、とても好きなのですが、こうしてデビューして間もない時期のビートルズのサウンドには、やっぱりエネルギーがある!
そう実感しています。

本当に、貴重な時代ですね。

広告

-ソングス
-,

Copyright© ザ・ビートルズとその周辺 , 2019 All Rights Reserved.