FROM THE BEATLES 60年代 70年代 ロックの森

ザ・ビートルズとその周辺

ジョン・レノン ソングス

今宵のビートルズ Nowhere Man ジョン・レノンに語りかけられて

投稿日:

nowhere-man
イントロなしでのハーモニーから入るNowhere Man。
私は、このナンバーがそこはかとなく好きです。
聴いていて楽しくもあり、切なくもあり。
ジョンが書いたナンバーの中でも大好きな部類に入るほどだと思っています。

邦題は、「ひとりぼっちのあいつ」ですが、まさに孤独な男にジョンが語りかけているような歌詞の世界。
私はこのNowhere Manという言葉がもつ語韻が大好きなのです。

Nowhere Man, please listen

孤独な人よ、どうか聞いてほしい・・・というフレーズもじーんときますね。

本当に素晴らしい名曲だと思います。

サウンド的には、やはりコーラスが印象的ですが、これはジョン・ポール、ジョージの3人が歌っており、ダブルトラッキングでレコーディングをしているとされています。

Sitting in his nowhere land
という言葉も出てきますが、自分だけの世界に閉じ籠もって・・・という趣旨かと思いますが、これは最近の世相にも当てはまるような気がします。
ある意味、ジョンの内面世界が曲に反映されている部分も大きそうです。

決して陽気なナンバーではなく、ハッピーなものでもない。
それなのに、心が安まる。
やはり、それは名曲だという証なのでしょう。

それがすべてなように思います。

広告

-ジョン・レノン, ソングス
-,

Copyright© ザ・ビートルズとその周辺 , 2019 All Rights Reserved.