FROM THE BEATLES 60年代 70年代 ロックの森

ザ・ビートルズとその周辺

アーティスト達(ビートルズの周辺) ソングス

シーズ・ア・ウーマンのカバー ジェフ・ベック✕ジョージ・マーティン

投稿日:

51m7D3ymvjL
ジョージ・マーティンさんが亡くなったということで、先日来何本かの文を書いてきましたが、もう一本、ジョージ・マーティンにまつわる話に触れてみたいと思います。

ビートルズナンバーは、世界中の沢山のアーティストからカバーされており、星の数ほどあるのですが、今回はその中から、「She's A Woman」のカバーを取り上げてみます。

私にとっても思い出深いカバー曲です。

ご存知の方々も多くいらっしゃると思うのですが、She's A Womanは、ジェフ・ベックによりカバーされています。
収録されているアルバムは、1975年にリリースされた「Blow by Blow(ブロウ・バイ・ブロウ)」。

発売当初は、邦題で「ギター殺人者の凱旋」なーんていうタイトルがついており、当時のジェフ・ベックを見る世界の視線を感じることができます。

興味深いのは、ジェフ・ベックがこのアルバムを制作するにあたり、プロデューサーにジョージ・マーティンを迎えていること。

私としては、かなり意外な組合せでありましたが、この二人が協力してビートルズのカバーを収録した・・・という事実が、それだけで貴重なものに思えます。

こちらは、ライブ・バージョンですが・・・

この当時は、ジェフ・ベックはレスポールをメインに使用しており、この動画のモデルは、あまりにも有名ですね。

後年のこと、ジェフ・ベックは、やはりビートルズの「A Day In The Life」をギターのインストロメンタルでカバーしており、これは世界的にも高い評価を受けました。
(この際に使用したギターはストラトキャスター)

ジェフ・ベックとの共同作業でビートルズナンバーを取り上げたジョージ・マーティンの心境はどうだったのか?
私なりに、あれこれと思いを馳せています。

思えば、ビートルズと同じ世代の人々が、だんだんと高齢となり他界することも増えてきましたが、作品は永遠に残ります。

今一度かみしめてみたい名曲が沢山あるし、そのごく一部分でも、この場でご紹介していけたら!と、思っております。

広告

-アーティスト達(ビートルズの周辺), ソングス
-, , ,

Copyright© ザ・ビートルズとその周辺 , 2019 All Rights Reserved.