FROM THE BEATLES 60年代 70年代 ロックの森

ザ・ビートルズとその周辺

ジョージ・ハリスン ジョン・レノン ソングス

ジョージ・ハリスンがベースを弾いているとされるビートルズ・ナンバー She Said She Said

投稿日:

vlcsnap-000231
ビートルズのアルバムの中で、「どれが一番好きか!?」と訊かれた際に、すぐにこたえられる人は幸せだと思います。

私などは、いまだに即答することができません。

ただ、リボルバーが大好きなアルバムであることは確か。

実に興味深い作品が詰まった宝箱のようです。

さて、今回取り上げたいのは、そのリボルバーに収録されている「She Said She Said」。

このナンバーは、ジョンが書き上げたドラッグ作品だと言われており、トリップした状態を表現したものとされています。

本来は、ジョンが一時期身を寄せていたピーター・フォンダという人物の言葉から創作されたナンバーだということで、「He Said He Said」というのが正確なのでしょうが、語韻的にも「She」で良かった!と、私は思っています。

さて、このナンバーが収録された時期には、ビートルズにとって、ちょっとした逸話が残っています。

リボルバーの収録が終わりを迎える時に、メンバー内で口論が起こってしまい、She Said She Saidを録音する際にはポールが不在だったとされています。

よって、珍しいことに、ジョンのリードボーカルに絡むポールのコーラスは入っておらず、ジョンとジョージで歌を担当しています。

さらに、ベースもジョージが弾いたとか・・・。

ポールがギターを弾くことはよくあることでしたが、ジョージがベースを担当したというのは、実に珍しいことではないでしょうか。

余談ですが、このShe Said She Said。
リンゴのドラムもいかしています。

いっちゃった感を出すに、実にふさわしいドラムプレイではないでしょうか。

やはりリボルバー。
侮れません。

広告

-ジョージ・ハリスン, ジョン・レノン, ソングス
-,

Copyright© ザ・ビートルズとその周辺 , 2019 All Rights Reserved.