FROM THE BEATLES 60年代 70年代 ロックの森

ザ・ビートルズとその周辺

アーティスト達(ビートルズの周辺) ソングス

ジョン・レノンと宇宙観 Across The Universe

投稿日:

John-Lennon-the-beatles-30712053-892-900
音楽とは、メロディー、ビート、あるいはアンサンブルなどが織りなす世界だと思いますが、時に詩の世界だけで聴く人を魅惑してしまう場合があります。

おそらくは、詞の中に既に命があり、胸にしみいる脈々としたリズムが宿っているのでしょう。

ジョン・レノンが描いた世界。
その詩の中でも、特に秀逸なものの一つが、アクロス・ザ・ユニバース(Across The Universe)ではないでしょうか。

まず、冒頭から美し過ぎる詞の御霊が流れ出てきます。

Words are flowing out like
Endless rain into a paper cup

もう、これだけで、私などは満足です。

アクロス・ザ・ユニバースは、その曲名が表すように、大宇宙を想起させるものですが、私はジョンが世に送り出した作品の多くに、その宇宙観、世界観を垣間見る思いがいたします。

宇宙といっても、それは天文学的なものではなく、果てしなくジョンの内面に近いもの・・・。
そんな風に思えるのです。

ジョンの心の中に広がる宇宙感が、詞となって現れ、そこにメロディーとビートが付いたときにビートルズとなる。

そういった事共を象徴するような一曲が、このアクロス・ザ・ユニバースのように思えて仕方ありません。

アクロス・ザ・ユニバースといえば、いろいろなアーティストがカバーもしています。

今回は、異色なところで、デヴィッド・ボウイが歌ったこの曲を振り返ってみたいと思います。

微妙に音程を揺らす歌い方が、実にデヴィッド・ボウイらしいですね。

アクロス・ザ・ユニバースは、見つければ見つけるほど、探せば、探すほどに、未知なる世界、宇宙を教えてくれるように思えます。

広告

-アーティスト達(ビートルズの周辺), ソングス
-,

Copyright© ザ・ビートルズとその周辺 , 2019 All Rights Reserved.