FROM THE BEATLES 60年代 70年代 ロックの森

ザ・ビートルズとその周辺

アーティスト達(ビートルズの周辺) ソングス

エイドリアン・ブリューが弾き倒す’アイム・ダウン’

投稿日:

Adrian_Belew_-_Twang_Bar_King
これまでもご紹介してきましたように、ビートルズナンバーは、本当に多くのアーティストからカバーされています。

本物の名曲というものは、名匠の手にかかると、また違った輝きを放つように出来ているようです。

さて、今回は、ちょっとユニークなビートルズ・カバーについて、触れてみたいと思います。

もう、ギター小僧!という言葉がぴったりな、エイドリアン・ブリューが演奏した「アイム・ダウン」です!

アイム・ダウンは、ノリもよく、アマチュアの方々も多くカバーをされているナンバーだと思います。

いろいろアドリブも効きそうな曲調ですね。

さて、エイドリアン・ブリューですが、前述したように、文字通りのギター小僧。

ギターさえあれば、どんな音でも表現することができる。
それがたとえ、象の鳴き声であろうと、猿であろうと・・・。

エイドリアン・ブリューは、キング・クリムゾンのメンバーとして有名かと思いますが、私も何度か来日公演の際、彼のステージを見たことがあります。

パフォーマンスも最高で、見聞きする人を決して飽きさせることがありません。

また、デヴィッド・ボウイのステージでもギタリストを務めたり、トーキング・ヘッズやトムトム・クラブにも参加している男です。

そんなエイドリアン・ブリューが、1983年に発表したソロ・アルバムが、「Twang Bar King(邦題:僕はいつもギター少年)」。

このアルバムは、私、発売と同時にゲットしました。
アナログ・レコードが、山になっている中に潜んでおります。

アイム・ダウンは、このアルバムのオープニングを飾るナンバーとして収録されています。

エイドリアン・ブリューが、思いっ切り楽しんで、ビートルズを演奏している空気が伝わってきます。

短い時間のナンバーですが、その中にも、エイドリアン・ブリューらしいギター・テイストが含まれており、実に楽しめる一品ではないでしょうか。

ギターで、これだけ多彩な表現が出来るというのは、いや実に、うらやましい。

ビートルズ・ナンバー達は、いろいろな生命を授かって、世界中に拡がっているのですね。

広告

-アーティスト達(ビートルズの周辺), ソングス
-

Copyright© ザ・ビートルズとその周辺 , 2019 All Rights Reserved.