FROM THE BEATLES 60年代 70年代 ロックの森

ザ・ビートルズとその周辺

アーティスト達(ビートルズの周辺) ソングス

エリック・クラプトンがソロ・ライブで演奏したジョージ・ハリスンのナンバー

投稿日:

18221939
エリック・クラプトンといえば、言うまでもなく、ジョージ・ハリスンの親友であり、その交流はジョージの死まで続きました。

ジョージが亡くなった後も、追悼コンサートのホストとして、エリック・クラプトンは大役を果たしています。

さて、そのエリック・クラプトン。
チャリティー・コンサートやセッション等々で、ジョージ・ハリスンのナンバーは数多く演奏していますが、自身のソロ・ライブ(ツアー)で、ジョージのナンバーを披露したことがあります。

私も実際に武道館で目撃しましたが、「このセレクトで来たか!」と、胸が熱くなったことを憶えています。

エリック・クラプトンが選んだジョージのナンバーは、イズント・イット・ア・ピティでした。
コードの響きが非常に印象的であり、その展開には、澄んだ湖水を思わせるものがあるように、私には思えます。

さて、エリック・クラプトンが、自身のバンドで、自らのステージでイズント・イット・ア・ピティを演奏した際には、デレク・トラックスもギタリストとして加わっていました。

エリック・クラプトンの繊細なピッキングは、もちろんのこと素晴らしいし、デレク・トラックスのスライド・ギターが、実にいい鳴りをし、素晴らしいトーンを奏でています。

また、デレク・トラックスの他にも、ギタリストとしてドイル・ブラムホールⅡが参加しており、まさに豪華な共演となっています。

このパッケージを実際に見ることが出来た自分は、幸せ者だな!と、実感します。

エリック・クラプトンが、切々と歌うジョージのナンバー。
その味わいは、実にいいですね。

私にとっても、素敵な思い出です。

広告

-アーティスト達(ビートルズの周辺), ソングス
-,

Copyright© ザ・ビートルズとその周辺 , 2019 All Rights Reserved.