FROM THE BEATLES 60年代 70年代 ロックの森

ザ・ビートルズとその周辺

アーティスト達(ビートルズの周辺) ソングス

デヴィッド・ボウイの歌うイマジン

投稿日:

David Bowie performing at the Hammersmith Apollo
イマジンといえば、世界中の人々が口ずさみ、ジョンを想い出すという、まさに特別なナンバーだと思います。

静かな口調で、メッセージを伝えるジョンの姿が、目を閉じれば浮かんできます。

また、イマジンは、ジョンが凶弾に倒れて以降、その冥福を祈るための歌としても、崇高な場所まで昇華しているように思えるのです。

デヴィッド・ボウイという男がいます。
私は、デヴィッド・ボウイとは、天が使わした一個の軌跡のような存在だとも思っています。

彼を一言で表現するのは、実に難しいものがありますが、あえて言葉にすれば、鬼才。

何らかの役割を任されて、宇宙から降りてきたとしか思えないのです。

そんなデヴィッド・ボウイが、ジョンのイマジンを歌っていることを知ったときには、私、正直わくわく、ドキドキしたものです。

果たして、どんな風にデヴィッド・ボウイが、イマジンを表現するのか?

曲に入る前のMC部分で、デヴィッド・ボウイは、ジョンの死について触れています。
そのことが、ジョンに捧げる意味で歌ったことを明確に示していると思います。

実に、デヴィッド・ボウイらしい曲調。
さらに、途中から入ってくるコーラスの味わいが、これまたデヴィッド・ボウイだ!という味わいを加味してくれています。

また、冒頭に挿入されるホーン・セクションが、追悼を思わせる泣ける構成。

やはり、デヴィッド・ボウイは、一代の鬼才にして、天の申し子。

そのデヴィッド・ボウイが歌いあげるイマジンとは。

まさに、ジョンの魂だとしか思えません。

広告

-アーティスト達(ビートルズの周辺), ソングス
-,

Copyright© ザ・ビートルズとその周辺 , 2019 All Rights Reserved.