FROM THE BEATLES 60年代 70年代 ロックの森

ザ・ビートルズとその周辺

ジョン・レノン ソングス

ビートルズ初期において出色の名曲 Not A Second Time(ナット・ア・セカンド・タイム)

投稿日:

e0094630_920410
ビートルズのセカンドアルバム、ウィズ・ザ・ビートルズのB面7曲目に収録されているのが「Not A Second Time(ナット・ア・セカンド・タイム)」です。
いやいや、実は私、このナンバーが大好物でして。
格好いい!と思います。
このナンバーでは、ジョン・レノンがボーカルを担当していますが、秀逸ではないでしょうか。

腰のあるしっかりとしたロックサウンドの中で、ピアノの風味も生きていますね。
ピアノを弾いているのは、ジョージ・マーティンです。

ナット・ア・セカンド・タイム、その歌詞のモチーフは、女の子にふられてしまった男の恨み節のような内容で、ジョンは「2度はごめんだ!」みたいなことを歌っています。

このナンバーの素晴らしさほどには、ビートルズナンバーの中で高く評価されていない部分もあるとは思いますが、それでも「これが大好き!」という人もいるようです。

たとえば、一昔前に、テレビ局の人が、歩いていた佐野元春さんに、「ビートルズ・ナンバーでどの曲が一番好きですか?」と質問した際、佐野元春さんは、一言「Not A Second Time」と言い置いて、そのまま去っていきました。

私も、若かりし頃からこのナンバーがお気に入りで、よく口ずさんでおりました。
ウィズ・ザ・ビートルズというアルバムにあっても、一番好き!なナンバーだと言ってもいいと思っています。

もちろん、その魅力を倍増させているのは、ジョンのボーカルであることは言うまでもありません。
ビートルズ初期の時代におけるジョンのボーカルは、後年では味わえない魅力に満ちていた部分があるのではないでしょうか。

広告

-ジョン・レノン, ソングス
-,

Copyright© ザ・ビートルズとその周辺 , 2019 All Rights Reserved.