ジョージ・ハリスンとクリームの共演 歴史に刻まれた一項


1960年代の後半、ロックシーンに登場したクリームは、世界に衝撃を与えたと言っていいと思います。
当時では、想像だに出来なかった演奏スタイル、トリオ(スリーピース)による卓越したテクニック、圧巻のステージワークなど。
まさに、ロック史に革命を起こしたといっても過言ではないでしょう。
続きを読む →

ビートルズがカバーしたWords Of Love(ワーズ・オブ・ラブ)


1964年12月4日にリリースされたビートルズ4作目にあたるオリジナルアルバム、Beatles for Sale(ビートルズ・フォー・セール)。
このアルバムのB面2曲目に収録されたのが、Words Of Love(ワーズ・オブ・ラブ)。
ビートルズ・フォー・セールに、数曲収録されているカバーのひとつですね。
続きを読む →

ハッピー・バースデー! エリック・クラプトン!

Eric Clapton[/captio
ロック史に大きな足跡を残し、ギタリストとしても幾多の革命的な奏法を世に示してきたエリック・クラプトン。
ビートルズとの縁も深く、ホワイト・アルバムでは、ジョージの親友として録音に参加していますね。
今日、3月30日は、エリック・クラプトンの誕生日。
続きを読む →

今宵の1曲 デヴィッド・ボウイ Heroes(ヒーローズ) ベルリンの壁崩壊を予見していたか

David Bowie

デヴィッド・ボウイ(1947年1月8日 – 2016年1月10日)
まさに、鬼才と呼ぶにふさわしい人だったと思います。
数多くの名曲を残し、幾多の素晴らしいステージも見せてくれました。
今宵は、そんなデヴィッド・ボウイのナンバー、Heroes(ヒーローズ)を聴きたくなり。
続きを読む →

若きビートルズの魅力が詰まった作品 Eight Days A Week(エイト・デイズ・ア・ウィーク)


1964年12月4日にリリースされたビートルズ4作目にあたるオリジナルアルバム、Beatles for Sale(ビートルズ・フォー・セール)。
このアルバムのB面1曲目に収録されたのが、Eight Days A Week(エイト・デイズ・ア・ウィーク)。
若き日のビートルズ、その魅力、エキスが凝縮されたような名作のひとつかと思います。
続きを読む →