FROM THE BEATLES 60年代 70年代 ロックの森

ザ・ビートルズとその周辺

ソングス

ノルウェイの森という復讐の物語

投稿日:

Rubber Soul


ビートルズのオリジナル・アルバム、その6作目にあたるのが『Rubber Soul』(ラバー・ソウル)。
そのA面2曲目に収録された作品が、Norwegian Wood (This Bird Has Flown)ですね。
日本では、ノルウェイの森として知られています。
まず、私はそこはかとなく、この曲が好きです。
傑作のひとつではないかと思うほどに。

お馴染み、レノン=マッカートニー作品ですが、実質的にはジョンの作品だとされています。
一方で、後年のこと、ジョンもポールも認めていますが、ポールもアイディアを出しているそうで、まさに共作と言ってよいかと。

アコースティック・サウンドに乗せて、淡々と語られるように進行する曲調。
そこにジョージ・ハリソンのアイディアでシタールが加味されており、独特の世界観が漂います。

ノルウェイの森については、かなり以前のことになりますが、この場で取り上げたことがあります。
一部重複する部分があるかもしれませんが、今一度書き留めておきたいと思います。

ある日、ポールがジョンのもとを訪ねると、ジョンが書き留めていた文字が目に入ったそうです。
その言葉とは・・・

I once had a girl, or should I say, she once had me,

それを見たポールは、「素晴らしい!」と思ったそうです。
これは、ポール自身が語っていることです。

曲の内容としては、ジョンが、シンシア(妻)に気づかれないように、浮気をすることを想像しながら作った作品とされ、その相手の女性がノルウェイ材を使った家に住んでいるという設定のようです。
しかし、家に入れてもらったものの、彼女が言うには、「あなたは、お風呂で寝てね」・・・。

この展開から、ポールは、男が復讐すべきだ!と考え、ノルウェイ材の家に火をつけさせる展開になっているようです。
それをジョンに進言をしたと。

この逸話も、ポールが健在でいてくれるから分かったというもの。
奥深いですね。
あのジミ・ヘンドリックスは、ギターに火をつけて燃やしましたが、ジョンとポールは家を燃やした。
勿論、曲中、想像の中で。
ノルウェイの森に隠された心の刃。
興味深い作品です。

広告

-ソングス
-,

Copyright© ザ・ビートルズとその周辺 , 2021 All Rights Reserved.