FROM THE BEATLES 60年代 70年代 ロックの森

ザ・ビートルズとその周辺

ソングス ビートルズと物語 ポール・マッカートニー

レット・イット・ビーは、ポールが見た夢から創られた 母の愛

投稿日:

LetItBe_0
レット・イット・ビーが発表される前後は、ビートルズにとって非常にハードな日々だったことでしょう。

もちろん、ポールも例外ではありません。
もしかしたら、最も苦悩していたのがポールかもしれない・・・。

ポールは、当時の状況を振り返り、ジョンとの関係が緊迫していたことを認めています。

そして、ある日のこと、夢の中に、亡くなってから10年も経つお母さんが出てきたのだそうです。

そのとき、お母さんがポールに、何と語りかけてくれたのか?
その具体的な言葉は、ポール自身憶えていないそうですが、「大丈夫よ」と、優しく言ってくれたことは、はっきりと分かったそうです。

「心配しなくていいのよ。すべてが上手くゆくわ」

ポールは、夢の中であったとしても、お母さんに会えたことを、心から喜んだそうです。

そして出来上がる曲が、レット・イット・ビー。

「ビートルズには詳しくないよ」という方々でも、この曲は、何度か聴いたことがあるはず!・・・というほどに、有名なバラードですね。

どんなに暗闇の中にいても、ほのかな灯がさしてきて、大丈夫、心配しなくていい、上手くいく

これは、単なるバラードではない。
おそらく、ポールは、天国のお母さんから救いと啓示を受けたのでしょう。

とっても辛いとき。
きついとき。
どうしようもない八方塞がりのとき・・・。

ギリギリのときだからこそ、生まれてきた名曲にして、ポールの才なのだな-!と、しみじみ思います。

広告

-ソングス, ビートルズと物語, ポール・マッカートニー

Copyright© ザ・ビートルズとその周辺 , 2019 All Rights Reserved.