FROM THE BEATLES 60年代 70年代 ロックの森

ザ・ビートルズとその周辺

ソングス

甘い郷愁を誘う歌 P.S. I Love You

投稿日:

the-beatles-01
ビートルズのデビューアルバムPlease Please MeのB面2曲目に収録されたのが、P.S.I Love You。
私としては、そこはかとなく好き!というイメージを持ったナンバーです。
優しさを感じます。
ネット、モバイル時代になった今の時代には書けない詩だとも思うのです。
いいですね~。

ちなみに、このP.S.I Love Youは、ビートルズのデビュー・シングルとなったLove Me DoのB面という位置づけも持っています。
リードボーカルを担当しているのはポールで、若干低めのトーンを出すその声が、とても良い響きをしていると思います。

歌詞にも、若々しさがにじみ出ているし、多くの人々から愛される要素をふんだんにもった名曲のひとつではないでしょうか。

モチーフとしては、好きな女の子に手紙を書いている姿を描いたものかと思います。
そして、『追伸 愛しているよ』。
いやいや、前述もしましたが、今の時代に、こんなほろ苦くも甘い恋が出来るのかと思ってしまいます。

歌い出しは、こんな感じです。
As I write this letter, send my love to you
君にぼくの気持ちを伝えたくて、この手紙を書いています。

Remember that I'll always be in love with you
いつだって君を想っていることを忘れないでほしいな。

いい感じですね~。
青春しているって感がいたします。

デジタル時代の恋とアナログ時代の恋・・・というキーワードが浮かんできそうな雰囲気です。

手紙を書くという習慣が薄れてきた今の時代だからこそ、そのあたたかみが実感されるナンバーではないでしょうか。

広告

-ソングス
-,

Copyright© ザ・ビートルズとその周辺 , 2019 All Rights Reserved.