FROM THE BEATLES 60年代 70年代 ロックの森

ザ・ビートルズとその周辺

ソングス

『夢の人』で聴けるトリプル・ギター 貴重なナンバー

投稿日:

beatles help
邦題:『夢の人』こと、I've Just Seen A Faceは、レノン&マッカートニー作品として、アルバム・ヘルプに収録されているカントリー・フォーク調のナンバーです。

実は、私、この曲が大好きでしてね。

短い展開の中に、とても吸い込まれる展開、ドラマ性を感じるのです。

ヘルプには、沢山の素晴らしいナンバーが収録されていますが、この夢の人が入っていることで、他のナンバーの魅力もさらに拡がり、良きスパイスになっているように思います。

このナンバーの貴重性は、その演奏にもあります。

ジョン、ポール、ジョージが、3人してアコースティックギターをジャカジャカジャンと弾いているのです。

後期では考えられない光景だったことと思います。

言い伝わるところによれば、ポールはエピフォンのテキサン、ジョンはギブソンのJ-160Eを使用しているとされています。
また、微かに聞こえる12弦ギターの音色は、ジョージが奏でているものとのこと。

このアコギの3重奏、しかも一本12弦ギターが入っていることで、心地よい厚みがサウンドに加わっていると感じます。

なお、ボーカルですが、メインは、もちろんポール・マッカートニーで、このナンバーに関しては、バックボーカル(コーラス)も、ポール自身がオーバーダビングをして加えています。

それぞれのギターの音色、その持ち味が存分に生き、ポールお得意のメロディーとリズムに乗せて、軽快に展開する夢の人。
お洒落なナンバーだと思います。

まさに、Cool.

広告

-ソングス
-

Copyright© ザ・ビートルズとその周辺 , 2019 All Rights Reserved.