FROM THE BEATLES 60年代 70年代 ロックの森

ザ・ビートルズとその周辺

ソングス ビートルズと物語 ポール・マッカートニー

ジュリアン・レノンとポール・マッカートニー ヘイ・ジュードの誕生

投稿日:

article-2056410-0088B5DB00000258-977_468x480
ジョン・レノンの息子というと、ショーン君を思い出す方々が多いことと思います。

ジョンは、一時期、ショーンを育てるために、今でいうイクメンぶりを発揮していた時期もあるほどです。

そんなジョンには、もう一人の息子がいます。
最初の妻、シンシアとの間に生まれたジュリアンです。

ジョンとシンシアは、ジュリアンが5歳のときに離婚しており、ジュリアンは父との触れ合いに恵まれなかったと言われています。

そんなジュリアンをとても可愛がったのが、ポール・マッカートニーだそうです。

ビートルズの近くで親しくした人々のインタビューを見聞きしても、ポールがジュリアンを大切にしていたことは事実のようです。

ポールおじさんが、お父さんがわりだったのですね。

そんなジュリアンの境遇を思い出すこともあり、彼の作品’Valotte’を聴くと、ちょっぴり切なさを覚えます。

曲調は、やはり父、ジョンの作風に通じるところがあるように思います。

さて、ジュリアンとポールの交流は、続き、ジュリアンもポールを大切に思っているようです。

また、ポールは、ジュリアンのために、ビートルズ時代、1曲を書き上げています。

それが、ヘイ・ジュード!

きっと、ポールは、こんな風に言いたかった、伝えたかったのでしょう。
「ハイ!ジュリアン!元気だせよ!きっと上手くいくさ!」

51Vd9JV35sL

ジュリアン・レノンとポール・マッカートニー。
2人の関係を思うとき、やっぱりビートルズの絆は深かったのだな!と、しみじみ思うのです。

広告

-ソングス, ビートルズと物語, ポール・マッカートニー
-,

Copyright© ザ・ビートルズとその周辺 , 2019 All Rights Reserved.