FROM THE BEATLES 60年代 70年代 ロックの森

ザ・ビートルズとその周辺

ジョージ・ハリスン

ジョージ・ハリスンとエリック・クラプトン

投稿日:

tmp643464584874688513
ビートルズゆかりのアーティストを語るとき、エリック・クラプトンのことを避けてとおるわけにはいきません。

ホワイト・アルバム収録のホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープスで、ジョージ・ハリスンの依頼により、エリック・クラプトンがギターを弾いたことは有名な話ですが、ジョージとエリックの間には、他人では理解できないほどの友情が育ちます。

ジョージ・ハリスンとエリック・クラプトン。
この二人に関しては、今後も、取り上げていくことになると思いますが、今回は、コンサート・フォー・ジョージについて書いてみたいと思います。

ジョージ・ハリスンが亡くなったのは、2001年11月29日。
そのちょうど一年後にあたる2002年11月29日に、ロイヤル・アルバート・ホールで開催された追悼イベントが、このコンサートです。

主催、ホストを務めたのは、エリック・クラプトン。
その呼びかけに応じ、ポール・マッカートニーやリンゴ・スターをはじめとした、素晴らしいアーティスト達が集結します。

concertforgeorgestarrclaptonmccartney

ポールにしてもリンゴにしても、ジョージの追想コンサートを行うに、エリック・クラプトンこそが、その主催にふさわしいと認めていたからこそ、実現した一大イベントだったと思います。

このコンサートの模様は、DVD化もされており、どの楽曲も素晴らしいクオリティーです。

それに、何といっても、メンバーの顔ぶれがすごすぎる。

どの演奏も見応えがありますが、その中でも、特にサムシングは泣かせてくれますね。

ジョージが大好きだったというウクレレを持ってポールが歌い出し、それを引き取るように、バンドモードでエリック・クラプトンが奏で、歌います。

映像に、時々出てくるジョージにそっくりな若者は、ジョージの息子ダーニ君です。

エリック・クラプトンやポール・マッカートニーに支えられて、堂々とした姿を見せています。

余談ですが、私は、エリック・クラプトンの来日ツアーは、彼2度目の来日以来、皆勤賞です。
エリック・クラプトンは、「こんばんは」、「サンキュー」、「どうもありがと」しか喋らず、一切MCはしない人なのですが、ジョージが亡くなった直後の来日公演では、一言静かな声で、こう言ったのが聞き取れました。

「For George」

クリーム時代の曲、バッヂを演奏する前のことでした。
このバッヂという曲は、クリームにあって唯一のエリック・クラプトン&ジョージ・ハリスンの共作ナンバーなのです。

ジョージ・ハリスンとエリック・クラプトン。
彼等二人のことは、きっと、これからも書き続けていくことになるだろう。
私は、そう確信しています。

広告

-ジョージ・ハリスン
-

Copyright© ザ・ビートルズとその周辺 , 2019 All Rights Reserved.