FROM THE BEATLES 60年代 70年代 ロックの森

ザ・ビートルズとその周辺

アーティスト達(ビートルズの周辺) ポール・マッカートニー

デビッド・ギルモアとポール・マッカートニー

投稿日:

060711_syd_hmed_730a.grid-6x2
ビートルズに、バンドとしての危機が訪れ始めた頃、くしくも、新しいロックの波を創造するかのような、独創的なバンド達が、続々と現れてきます。

ピンク・フロイドもそのひとつ。

シド・バレットが中心となって織りなすサウンドは、ジョン・レノンに、かなりの刺激を与えたと、ビートルズ周辺にいた関係者も語っています。

私は、シド・バレットは、ロック史に輝くダイアモンド、最高の天才の一人だと、かねてから思ってきました。

ただし、ピンク・フロイドが、信じられないほどのアルバム・セールスを記録し、商業的にも大成功を収めるのは、シド・バレットが脱退し、後任のギタリストとして迎えられたデビッド・ギルモアが、音作りに携わりはじめてからとなります。

ビートルズとピンク・フロイド・・・。
交わる点がないように思いがちですが、実は、ポール・マッカートニーとデビッド・ギルモアは、仕事を共にしています。

ポール・マッカートニーの強い希望により、「どうしてもデビッドのギターがほしい」という話になったと聞きます。

たとえば、1989年に発表されたポール・マッカートニーのアルバム『フラワーズ・イン・ザ・ダート(Flowers In The Dirt)』では、デビッド・ギルモアがギタリストとして録音に参加。

また、ポールの作品中でも、かなり人気の高い曲である『ノー・モア・ロンリー・ナイト(No More Lonely Nights)』でも、デビッド・ギルモアは、ギタリストとして、ポール・マッカートニーから呼ばれており、おそらく、この時の機会が、二人の関係をつくったのではないか?と、私は推測しています。

Paul-McCartney-Give-My-Regards-T-17

私は、ポール・マッカートニーの作品収録に携わった直後に発表された、デビッド・ギルモアのインタビューをあるギター雑誌で読んだのですが、「ポールとやるからには」・・・ということで、ポール自身の希望も聞いた上で、サウンドがフィットするように、ギター・アンプの選定にも、随分と気を遣ったようです。

デビッド・ギルモアなりに、数種類のギター・アンプを選び、その中からポールの希望に最も近い鳴りをするのはどれか?を突き詰めていったようです。

obscured_strat

元々、サウンド・メイクには定評があり、まるで技師のようにエレクトロニクスを楽器、機材に取り入れられるデビッド・ギルモアだけに、ポール・マッカートニーとの共演の際には、かなりの準備をしたものと思われます。

そして、ノー・モア・ロンリー・ナイトは、期待を裏切らない名作となった。

途中で出てくる独特な味わいをもったギター・ソロは、デビッド・ギルモアらしさを彷彿とさせます。

イギリスを代表する2大バンドとも言っていい、ビートルズとピンク・フロイド。
こんなところで、繋がってくるとは・・・。

また、自らの楽曲にデビッド・ギルモアのギターを欲したポール・マッカートニーの眼の付け所も素晴らしかったと思います。

後日、機会があれば、ジョン・レノンが、シド・バレットを中心とするピンク・フロイドに影響、刺激を受け出していたことについても、触れていきたいと思っています。

広告

-アーティスト達(ビートルズの周辺), ポール・マッカートニー

Copyright© ザ・ビートルズとその周辺 , 2019 All Rights Reserved.