FROM THE BEATLES 60年代 70年代 ロックの森

ザ・ビートルズとその周辺

ジョン・レノン ソングス

ビートルズが取り上げたカバーとしては実質的に最後となったDizzy Miss Lizzy(ディジー・ミス・リジー)

投稿日:


ビートルズのオリジナルアルバムとしては5作目にあたるのが『Help!』。
1965年8月6日に、イギリスでリリースされたこのアルバムのB面7曲目に収録されたのが、Dizzy Miss Lizzy(ディジー・ミス・リジー)。
ヘルプ!アルバムのラストを飾るナンバーです。
ジョンのシャウトしたボーカルが印象的でもあります。

ビートルズがデビューして以来、このヘルプ!に至るまで、彼等はアルバムの中にカバー曲を取り入れてきました。
一部例外はあるものの、ビートルズが本格的にカバーをアルバムに挿入したのは、このディジー・ミス・リジーがラストとなり、次回作以降は、すべてメンバーのオリジナルでラインアップを固めていくことになります。

このディジー・ミス・リジーですが、オリジナルはラリー・ウィリアムズによるもので、ジョンはとても気に入っていたそうです。
そのことは、プラスティック・オノ・バンド時代にも演奏をしていることでも明らか。

今でこそ、何の違和感もなく受け容れられますが、当時としては、かなりハードな曲調として聴く者を驚かせたことと思います。

コード進行もシンプルで力強く、演奏したら気持ちがいいだろうな!と、思わせる作品でもあります。
きっと、ジョンの体内に宿るロックンロールの血がたぎったのでしょう。

ビートルズがカバー曲を取り入れていた時代の終わり。
ある意味、ここもひとつの転機になったと言えそうです。
その後ビートルズは、どんどん新しい挑戦をし、その音楽世界を拡げてゆくことになります。

広告

-ジョン・レノン, ソングス
-

Copyright© ザ・ビートルズとその周辺 , 2019 All Rights Reserved.