FROM THE BEATLES 60年代 70年代 ロックの森

ザ・ビートルズとその周辺

未分類

アコースティックでビートルズをやってみた

投稿日:


自分自身のことを振り返ってみると、幼い頃から実にいろいろな音楽を聴いてきたものだと実感します。
まったくもって、ざっくりと遍歴を書きますと、幼少期はクラシックばかりを聴いて育ちました。
やがて、ビートルズと出会い、ロックに興味をもち、ギターを弾くようになり、自分のバンドを組むように・・・。
バンドを組んだといっても、あくまで私にとってビートルズは聴くものであり、自分では演奏をしませんでした。

自分でプレイをする場合には、どちらかというと、ブルースがかったナンバーが多く、カバーをするにしても、完コピはせず、自由にアレンジし、ギタープレイもアドリブで行くタイプなのです。
ゆえに、ビートルズを完全再現することには、あまり興味がなかった。
言い方を変えれば、自分には無理でした・・・。

分かりやすく、更に説明をすると、王道のコードで自由に弾く。
こういうやり方で育ってきたわけです。

ところで、この度ちょっとしたご縁があり、「アコースティックでビートルズを演ろう!」というお誘いをいただきました。
楽しそうなので賛同し、つい先日は友人宅で練習を。

アコースティックギター3本によるユニットです。
ビートルズがバンドとしてプレイしてきた名曲達をアコースティックの調べで奏でるのは、率直に楽しいですね。
難しさもありますが、楽しみのほうが多いかな!と、思っております。

いざ、自分でビートルズをプレイしようとしたとき、コード進行に癖がないことを再認識します。
いろいろな工夫が凝らされている。
しかも、ビートルズの場合には、バッキング・コーラスが非常に重要なのだ!ということを改めて実感しました。
特に、ジョージ・ハリスンが担当している『ハモリ』パートは、変態!とでも言いたくなるほどに難しいですね(笑)

そんなことで、数日後には、アコースティックでビートルズをやってきます。
とにかく楽しみたいと。
初期から後期へ至る名作の数々を演奏してまいります。
きっとまた、ビートルズの新しい魅力が見つかると思っています。

広告

-未分類
-

Copyright© ザ・ビートルズとその周辺 , 2019 All Rights Reserved.