ジョージ・ハリスンがエリック・クラプトンの家に遊びに行って出来た名曲

GeorgeHarrison_DaveHogan_HultonArchive1
アルバム、「アビーロード」には、多くの名曲が収録されていますが、そんな中にあっても秀逸な作品のひとつといえば、ジョージ・ハリスンの「ヒア・カムズ・ザ・サン」だと思います。

太陽のあたたかさを思わせ、優しい気持ちを運んでくれる曲調は、聴く者を癒やしの世界へといざなってくれますね。

さて、このヒア・カムズ・ザ・サンですが、当時、いろいろとこじれていたビートルズの中にあって、打合せ等々で、くたびれてしまったジョージが、親友であるエリック・クラプトンの家に遊びに行った際に思い浮かんだナンバーだと言われています。

きっと、ジョージにとって、ほっとする場所であり時間だったのでしょう。
続きを読む →

「セイウチはポール」 ジョンがグラス・オニオンで種明かし?

Beatles MMT2
ホワイト・アルバム制作中、一時期バンドを離れたりもしたリンゴですが、同アルバムに収録された「グラス・オニオン」では、印象的なオープニングを飾るドラムを叩いています。

このグラス・オニオンですが、実質的にジョンの作品であり、歯切れのいいリズムに乗り、言葉遊びのようでいて、ちょっぴり皮肉がかったテイストが、ジョンらしさを醸し出していますね。

ジョンが歌う歌詞に耳を傾ければ、多くのビートルズ・ナンバーの名前が出て来ることに気づくと思います。
続きを読む →

ジョンの死後に蘇ったビートルズ リアル・ラブ

tumblr_mxi41bBwwC1s78teho1_500
ビートルズが残した楽曲は数多く、レコードに採用されなかったテイクも沢山存在しますね。

もしかしたら、まだまだこれから出てくるかもしれない!という期待もあります。

さて、ジョンの死後、その残したテープからポール、ジョージ、リンゴが仕上げた作品があります。
その1曲が「リアル・ラブ(Real Love)」

私、このナンバーの切ない歌詞と曲調が大好きです。
続きを読む →

エイドリアン・ブリューが弾き倒す’アイム・ダウン’

Adrian_Belew_-_Twang_Bar_King
これまでもご紹介してきましたように、ビートルズナンバーは、本当に多くのアーティストからカバーされています。

本物の名曲というものは、名匠の手にかかると、また違った輝きを放つように出来ているようです。

さて、今回は、ちょっとユニークなビートルズ・カバーについて、触れてみたいと思います。

もう、ギター小僧!という言葉がぴったりな、エイドリアン・ブリューが演奏した「アイム・ダウン」です!
続きを読む →

エリック・クラプトンがソロ・ライブで演奏したジョージ・ハリスンのナンバー

18221939
エリック・クラプトンといえば、言うまでもなく、ジョージ・ハリスンの親友であり、その交流はジョージの死まで続きました。

ジョージが亡くなった後も、追悼コンサートのホストとして、エリック・クラプトンは大役を果たしています。

さて、そのエリック・クラプトン。
チャリティー・コンサートやセッション等々で、ジョージ・ハリスンのナンバーは数多く演奏していますが、自身のソロ・ライブ(ツアー)で、ジョージのナンバーを披露したことがあります。

私も実際に武道館で目撃しましたが、「このセレクトで来たか!」と、胸が熱くなったことを憶えています。
続きを読む →

デヴィッド・ボウイの歌うイマジン

David Bowie performing at the Hammersmith Apollo
イマジンといえば、世界中の人々が口ずさみ、ジョンを想い出すという、まさに特別なナンバーだと思います。

静かな口調で、メッセージを伝えるジョンの姿が、目を閉じれば浮かんできます。

また、イマジンは、ジョンが凶弾に倒れて以降、その冥福を祈るための歌としても、崇高な場所まで昇華しているように思えるのです。

続きを読む →

ぼくのア・デイ・イン・ザ・ライフ

757b012747cdf4f625e9550cb07b51b4
ア・デイ・イン・ザ・ライフ。
とても好きなナンバーであります。

聴くたびに、どれだけの隠しテイストが含まれているのか?と、ついつい宝探しに出かけたくなる衝動に・・・。

この曲は、ほぼジョン・レノンの作品だといっていいと思いますが、ポール・マッカートニーが作曲したまったく別の作品を途中に挿入することで、レノン&マッカートニーの不思議な融合体が出来上がったとも言えるでしょう。

続きを読む →

たくさんのアーティストからカバーされたビートルズ・ナンバー Helter Skelter

Beatles-White-Album-Portraits
ビートルズナンバーをカバーしている人達というのは、世界中に星の数ほどいるわけで、一体どのナンバーが最も多くカバーされたのか?
それを調べるだけで、私の一生は終わってしまうことでしょう。

そこで、あくまで私の印象・・・・という漠然とした基準で選ぶならばですが、おそらく世界的にも名の知れたアーティストからカバーされた頻度が多いナンバーは?という視点で、この稿を綴ってみたいと思います。

私は思うのです。
おそらくは・・・・ヘルター・スケルター(Helter Skelter)ではないか?と。

続きを読む →