FROM THE BEATLES 60年代 70年代 ロックの森

ザ・ビートルズとその周辺

ジョン・レノン ソングス ポール・マッカートニー

ジョン・レノンが絶賛したポール・マッカートニー初期の名曲 All My Loving

投稿日:

with_the_beatles
ジョン・レノンの面白いところは、たとえ自分がつくったナンバーであっても、ポールの作品であっても、出来映えが気に入らなければ、「あれはクズだ」と、直言していたところにあると思います。

時に、容赦ない批判を向けることもあった。

でも、そういったことが出来るのも、ジョンとポールの間には、強い絆があったという証だとも思えます。

さて、逆にジョンは、素晴らしい!と思った作品に関しては、ポールのものであろうとも、しっかりと評価していました。

今回は、そんなジョンが、特に気に入っていたというポールのナンバーについて、ちょっぴり触れてみたいと思います。

たとえばジョンは、アルバム「リボルバー」であれば、「フォー・ノー・ワン」が大好きだったと伝えられていますが、さらに時を遡り、ライブ活動もしていた初期の作品では、「オール・マイ・ラビング」を相当に高く評価していたようです。

All_my_loving_swe

この「オール・マイ・ラビング」について、ジョンはインタビューで、次のような趣旨の発言をしています。

「残念なことに、これはポールの曲なんだ(笑)」

「くやしいほどに、いい曲だね」

オール・マイ・ラビングは、メロディーラインの美しさは勿論、ベースラインも綺麗で、コーラスも絶妙な味わいを持っています。

また、このナンバーをカバーしている皆さんも多いと思いますが、ジョンがバッキンで入れているリッケンバッカーでの3連符の連続が、このナンバーにスパイスを入れていると思います。

1曲を通じて、正確に3連符を刻み続けるのは、結構大変ですね(笑)

ビートルズ・フリークに、今もなお愛される名曲。
初期の作品だけに、ライブ・テイクも残っていて、実にいいですね。

ジョンが愛したポールの初期作品。
私も、今一度、かみしめてみたいと思います。

広告

-ジョン・レノン, ソングス, ポール・マッカートニー
-

Copyright© ザ・ビートルズとその周辺 , 2019 All Rights Reserved.