FROM THE BEATLES 60年代 70年代 ロックの森

ザ・ビートルズとその周辺

ジョン・レノン

no image

ジョン・レノン ソングス

ジョン・レノンの真骨頂 アイ・アム・ザ・ウォルラス

2015/10/2  

アルバム『マジカル・ミステリー・ツアー』は、ヒット間違いなし!という作品が宝石箱の中に鏤められているようです。 実際、シングルカットされた曲も多く、ある意味、サージェント・ペパーズとは違った意味で、ビ ...

no image

ジョン・レノン ソングス

時間に追われる生活を皮肉ったジョンの作品 眠らせておいてくれ

2015/9/28  

時にジョンは、時間に追われ、走り回る生活に対して、自虐とも思えるけだるい曲を創っていますね。 その代表格のひとつが、アルバム、リボルバーに収録されている「アイム・オンリー・スリーピング」だと思います。 ...

no image

ジョン・レノン ポール・マッカートニー

ジョンとポール アルバム「ラム」を巡る写真のやり合い

2015/9/23  

ビートルズ解散後の1971年に、ポール・マッカートニーは、「ラム(RAM)」というアルバムを発表します。 この作品は、チャート上でも、それなりにヒットを収めますが、ポールの周辺にいた人々にとっても、そ ...

no image

ジョン・レノン ソングス

ジョン・レノンの心の歌 ジェラス・ガイ

2015/9/22    

ジョン・レノンは、究極のワンフレーズとも呼べるような、シンプルな言葉で、メッセージ性の強いナンバーをつくることがよくありました。 また、時には、造語を駆使し、その真意を探るに何年もの歳月を要するような ...

no image

ジョン・レノン ソングス

詩人ジョン・レノン渾身の作品 アクロス・ザ・ユニバース

ジョン・レノンという人は、ロックンローラーにして、詩人でもあったと、私は常々思っています。 幼い頃に、ルイス・キャロルの作品世界で遊んだことも影響しているのでしょうか。 語韻といい、言葉の並べ方といい ...

no image

ジョン・レノン ソングス

ジョン・レノン 究極のワンフレーズ 愛こそはすべて

2015/9/10  

ジョン・レノンという人は、言葉というものに、天性の才能をもっているように思います。 時に難解かつ意味深であり、韻を踏み、造語も駆使する。 そんなジョンですが、さほど英語が分からない人でも口ずさめるよう ...

no image

ジョン・レノン ソングス

今宵のビートルズ ガール(Girl)

2015/8/29    ,

夜、休む前に、何らかの音楽を聴くことが習慣になっています。 その日の気分にあわせて流してみるのです。 一人、孤の時間も大切なものですね。 今宵のビートルズ・ナンバーは、ガール。

no image

ジョン・レノン ソングス

NOWHERE MAN(ひとりぼっちのあいつ)は、ジョン・レノン自身の投影か

2015/8/17  

1965年12月3日にリリースされたビートルズのアルバム、『ラバー・ソウル(Rubber Soul)』。 そのA面4曲目に収録されているのが、NOWHERE MAN(邦題:ひとりぼっちのあいつ)です。 ...

no image

アルバム ジョン・レノン ソングス

ホワイト・アルバムにおける『ヤー・ブルース』の貴重性

2015/8/13  

録音機材の発達と共に、ビートルズはライブ活動よりも、スタジオでの録音に力を入れるようになり、その傾向は歳月と共に、より深くなっていきます。 さらに、メンバー4人の音楽性の違いが表面化し、それぞれの主張 ...

no image

ジョン・レノン ソングス ポール・マッカートニー リバプール

ストロベリー・フィールズとペニーレイン

2015/8/11  

「ビートルズの曲の中で一番好きなのは?」という質問は、本当に困ります。 正直、選べません。 あまりにも名曲が多過ぎて。 ただ、私がとても大好きな曲のひとつが、ストロベリー・フィールズ・フォーエバーであ ...

no image

ジョン・レノン ソングス

ジョン・レノンがビートルズと決別しようとした一瞬の呼吸 ’GOD'の凄み

2015/8/10  

ビートルズ解散後のジョン・レノン。 その作品には、賛否両論もありました。 ある人は名曲といい、別の人は失敗作だと言い・・・。 さて、1970年に発表されたアルバム’JOHN LENNON’ 邦題:「ジ ...

no image

ジョン・レノン ソングス

Juliaに潜んだジョン・レノンの心

2015/8/9  

アルバム’THE BEATLES'は、一般的に「ホワイト・アルバム」と呼ばれ、ファンから愛される作品です。 ビートルズのアルバムの中で一番好き!という人も多いほど。 確かに、収録されている作品には名曲 ...

Copyright© ザ・ビートルズとその周辺 , 2019 All Rights Reserved.