FROM THE BEATLES 60年代 70年代 ロックの森

ザ・ビートルズとその周辺

アルバム

ウィズ・ザ・ビートルズ(With The Beatles)のパワー

投稿日:

with the beatles
アルバム、『ウィズ・ザ・ビートルズ』は、彼等のオリジナル・アルバムとしては、2作目という位置づけであり、イギリスでは、1963年11月に発表されています。

まだ、初々しさを残しつつ、バンドとしてどんどん伸びて行くぞ!という勢いとエネルギーに溢れた作品だと言っていいと思います。

このアルバムの特色としては、ビートルズ初期の作品ということもあり、積極的にカバー曲を取り入れていることがあげられます。

収録全14曲のうち、6曲のカバーが採用されています。

また、とにかく話題になったのは、ジャケットの写真でしょうか。
モノクロでありつつ、ライトの当て方に工夫を凝らした撮影は、当時としては画期的で、後世に影響を与えることになります。

『ジャケ買い』という言葉がありますが、このアルバムの写真を見て、強いインスピレーションを受け、衝動的に購入してしまった!という人も多いと聞きます。
また、ある日本の著名な写真家は、ウィズ・ザ・ビートルズのジャケットを見てショックを受け、写真家の道を志したとか・・・。

さて、サウンド面で、アルバム全般を通じて言えるのは、とにかく生き生きとしていて、コーラス、バックボーカルも力強い!ということではないでしょうか。

まさに、これから世界へ羽ばたいていこう!というパワーを実感します。

収録曲の中で、最も人気があり、有名なのは、おそらく『オール・マイ・ラビング』(All My Loving)ということになるでしょう。

もちろん名曲ですが、他の曲それぞれに、前述したような果てしないパワーを感じます。

バンド・プレイを楽しんでいるような、4人の息づかいが伝わってくるようです。

さてさて、そんな元気あふれるウィズ・ザ・ビートルズですが、あえて・・・私のお気に入りの1曲を、それこそ無理矢理にピックアップするならば・・・。

ナット・ア・セカンド・タイム(Not a Second Time)ですね(^・^)

ジョンのボーカルが、実に歯切れよく、リンゴのドラムも、実に絶妙な味わいを聴かせてくれます。

まさに、バンドの名にふさわしく、ビートの効いた一発!と言えるのではないでしょうか。

格好いい!と、思います。

今回、ご紹介したウィズ・ザ・ビートルズですが、モノラル盤とステレオ盤が発表されています。
60年代の香りを楽しむことも出来るし、両方聴き比べてみるのも楽しいと思います。

まさに、これから高く広い空へ向かって、飛び立とう!という息吹を感じさせてくれる作品ですね!

広告

-アルバム

Copyright© ザ・ビートルズとその周辺 , 2019 All Rights Reserved.