FROM THE BEATLES 60年代 70年代 ロックの森

ザ・ビートルズとその周辺

アルバム

Abbey Road(アビーロード)のB面

投稿日:

887948664279156140
数あるビートルズのアルバムの中でも、アビーロードは、特別な意味をもった作品だと思います。

事実上、ビートルズとして最後の録音となったものという意味でも。

今から46年前、1969年8月8日、午前11:30頃に、この有名なショット(横断歩道を渡る写真)は、撮影されたのだそうです。

ところで、「アビーロードのB面」という言葉を耳にされた方々も多いと思います。
壮大なメドレーが展開され、クライマックスでは、「これが最後のバンドプレイだ!」という緊張感と開放感が同居するような名演'The End'へと繋がっていきます。

The Endでのプレイは、バンドとしてのビートルズに一瞬戻ったような感慨さえ受けます。

さて、「B面」という言葉を出しましたが、今でこそ、音楽はDCになっているし、お店へ行かずともネットからダウンロードをすることもできます。

しかし、当然のことながら、ビートルズの時代は、アナログレコードしかありません。

LP盤に針を落とす瞬間・・・・。
ボチッという音をなるべく立てないようにという、ちょっとした緊張感をリスナーは味わったことでしょう。

そして、A面を聞き終わったら、レコード盤を裏返すという所作が必要だったわけです。

このインターバルに、実は意味があった。

Abbey-1

作品を制作する側も、A面とB面を裏返すという、間合いを意識してアルバムをつくっていたと思うのです。

ビートルズのアビーロードはもちろん、ピンク・フロイドやキング・クリムゾン、イエスなどを代表とする、いわゆるプログレッシブ・ロックには、非常に濃く、その傾向が出ていた。

私は、そう思っています。

おそらくは、A面とB面に、アーティスト達は、意味を込め、メッセージを隠しているのです。

それを意識しつつ聴いてみるのも楽しいと思いますよ。

アビーロードのB面。
そのメロディーとメッセージ。

折しも、あのロンドン・オリンピックの開会式では、ポール・マッカートニーが大観衆の前で、世界へ向けて演奏しましたね。

私は思いました。
開会式で、The Endなんて、ポールにしか出来ないチョイスだな!と。

まだまだ、ポールには、ロック魂が燃えているようです。

広告

-アルバム
-

Copyright© ザ・ビートルズとその周辺 , 2019 All Rights Reserved.