FROM THE BEATLES 60年代 70年代 ロックの森

ザ・ビートルズとその周辺

アーティスト達(ビートルズの周辺) ソングス

エルトン・ジョンとルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ

投稿日:

lucy-iug
エルトン・ジョンといえば、1969年にデビューを果たし、『Your Song』などの大ヒットにより、以降発表するレコードは売れまくり。
まさに、イギリスを代表するシンガー・ソング・ライターの一人だと言っていいでしょう。

そんなエルトン・ジョンが、ビートルズ・ナンバーを歌ったらどうなるのか?
実に興味深いですよね。

エルトン・ジョンもキャリアが長いし、もちろんビートルズの4人とも交流がありますが、比較的早い時期に、ジョン・レノンとは共演を果たしています。

そういった中で、生まれたのが、エルトン・ジョンがビートルズをカバーした『ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ』(Lucy in the Sky With Diamonds)。

ビートルズをリスペクトしつつ、自らの個性を挿入している味わいが感じられる作品です。

このカバーは、シングルカットもされており、ビルボード誌では1位にも輝いています。

実は、ジョン・レノンが名前を変えて参加しているというのですから、まさにアナザー・ビートルズといった感がありますね。

そもそも、この曲は、ジョン・レノンの息子であるジュリアンが描いた女の子の絵から、ジョンが想像力をかき立てられ作った作品だと言われています。

サイケデリック調の曲想に、当時の世相とジョンの状況をうかがい知ることができて、大変興味深い!と、私は思っています。

Lucy_in_the_Sky

ご存知の方々も、いらっしゃると思うのですが、このルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズには、その標題に隠された意味がある!と、指摘する人々もおり、発売の是非が問われたこともあります。

その件については、いずれ稿を改めて、ご紹介できたらと思っています。

要するに、タイトルに含まれる頭文字を並べると、薬物になる・・・という見方があったということです。

さて、ビートルズの曲をカバーするというのは、結構勇気がいるものだと、私は思っています。
エルトン・ジョンのように、名をなし、成功した人であれば尚更です。

そういった意味でも、このエルトン・ジョンのセレクトは、ジョン・レノンへの敬意と友情の顕れではないでしょうか。

広告

-アーティスト達(ビートルズの周辺), ソングス
-

Copyright© ザ・ビートルズとその周辺 , 2019 All Rights Reserved.