FROM THE BEATLES 60年代 70年代 ロックの森

ザ・ビートルズとその周辺

アーティスト達(ビートルズの周辺) ソングス ビートルズと物語

ビートルズがローリング・ストーンズに提供したナンバー I Wanna Be Your Man

投稿日:

rolling stones be your man picture sleeve
ビートルズとローリング・ストーンズといえば、イギリスのロック史を代表する二大巨頭といった感がありますが、結構不思議な縁がありますね。
まだ初期の頃の話。
2枚目のシングルを出そうとしていたローリング・ストーンズに楽曲を提供したのがジョン・レノンとポール・マッカートニーでした。
I Wanna Be Your Man

こういったことが実現した背景には、ローリング・ストーンズのマネージャー、アンドリュー・オールダムの存在があったことは事実のようです。
アンドリュー・オールダムは、元々ブライアン・エプスタインのもとで、ビートルズを売り出す手伝いをしていたという経歴を持つ人物です。

ジョンとポールは、「君達に向いているんじゃないかな」と、I Wanna Be Your Manを提供したと伝えられています。
それを考えると、ビートルズとローリング・ストーンズは、本当に初期段階から繋がっていたということになりますね。

ご存知のとおり、このナンバーはビートルズ2作目のアルバムとなるウィズ・ザ・ビートルズにセルフ・カバーとして収録されています。
ちなみに、ビートルズによるセルフカバーのほうは、ボーカルをリンゴが担当していて、リンゴ自身、とてもお気に入りのナンバーだったそうです。

ビートルズの来日公演の際にも演奏され、あのステージでは唯一リンゴがボーカルをとったナンバーとなりました。

それにしても、ビートルズとローリング・ストーンズ。
両者の関係性を考えはじめると、どうにも膨大な時間を必要としそうです。

広告

-アーティスト達(ビートルズの周辺), ソングス, ビートルズと物語
-, ,

Copyright© ザ・ビートルズとその周辺 , 2019 All Rights Reserved.