FROM THE BEATLES 60年代 70年代 ロックの森

ザ・ビートルズとその周辺

ジョン・レノン ソングス

I'll Be Back(アイル・ビー・バック) アルバムA Hard Day's Nightのラストを飾るナンバー

投稿日:


1964年7月10日、イギリスで発表されたビートルズ3作目にあたるアルバムA Hard Day's Night。
このアルバムのラストを飾るのがI'll Be Back(アイル・ビー・バック)ですね。
アルバムを通じて、エネルギーの発露、元気さ!を感じさせられますが、その締めくくりには、比較的メローなナンバーが配置されたことが、まず興味深いと思います。

私自身、このアイル・ビー・バックは、とても好きなナンバーのひとつです。
マイナーコードの響きが、メジャーコードを引き立たせ、何とも言えない雰囲気を醸し出しています。

このナンバーもレノン=マッカートニー作ですが、実質的にはジョンのものだとされています。
ただ、後年ポールが出した自伝では、共作だったと語られているそうですが、そういうこともあるでしょうね。

いずれかが、アイディアの骨格を出したとしても、ジョンとポールは、お互いに語り合って、ひとつの物語に仕上げていった。
この時代は、まだそんな時だったかと思います。

リードボーカルは、もちろんジョンですが、ポールとジョージのコーラスが、非常に効いているナンバーのひとつかと。
印象的なハーモニーの後にやってくるジョンのソロパート部分。
これがまた引き立ちます。

A Hard Day's Nightの締めくくりに・・・
その終わりに。

非常にフィットしたチョイスだと思います。

アコースティックギターのストロークも、よい味を醸し出しており、秀逸なナンバーのひとつだと言っていいでしょう。

なお、このアイル・ビー・バックですが、歌詞をみると、恋人を思ってつくられたナンバーのように思えますが、実はジョンが父とのことについて綴ったものという説もあります。
そんなことどもを思い起こしながら聴き直してみると、また味わい深いですね。

広告

-ジョン・レノン, ソングス
-,

Copyright© ザ・ビートルズとその周辺 , 2019 All Rights Reserved.