FROM THE BEATLES 60年代 70年代 ロックの森

ザ・ビートルズとその周辺

ソングス

衝撃の幕開け Help! ジョンの叫び

投稿日:


ビートルズのオリジナルアルバムとしては5作目にあたるのが『Help!』。
1965年8月6日に、イギリスでリリースされたこのアルバムの冒頭、A面1曲目を飾るのが、アルバムのタイトル曲でもある『Help!(ヘルプ!)』ですね。
私にとっては、あまりにも特別なナンバーであります。

以前にも書きましたが、私は幼少の頃から、妙にクラシックが好きで、そればかりを聴いて育ちました。
そんな中、自分の意思で初めて買ったクラシック以外のレコードが、ビートルズのこのヘルプ!

LPレコードをターンテーブルにセットする。
回転をはじめるレコード。
針を落とすときの緊張感。

ヘルプ!に針を落としたとき、突然飛び込んできた音は、楽器での演奏ではなく、ヘルプ!と叫ぶ声でした。
これは、衝撃でした。

助けて!といえば、悲壮感も漂うわけですが、このサウンドには果てしないエネルギーとパワーを感じた自分がいました。

また、歌い出しの’When I was younger so much younger than today’という言い回しが、とてもいいですね。

ぼくが今よりも、ずっと若かった頃は・・・・
誰の助けもいらなかったと、ジョンは言います。

おそらく、スターダムにのし上がって行ったビートルズなりの苦悩も、このナンバーが出来上がる背景にはあったのだろうと推察します。

それにしても、ヘルプ!というナンバーを理屈で語ることが、私には難しい。
初めて、あの音、あの声、あのサウンドに触れてときの体感は、私の心に棲み着いて、消えることはありません。

ビートルズには、実に多くの名曲がありますが、自分にとって特別な思い入れがあるといえば、まずはこのヘルプ!だというのが率直なところです。

ロックへの入り口に立たせてくれたナンバー。
こればかりは、他のナンバーが代わることはありません。

まさに、我が人生における特別な1曲であり、それは、どれだけ時間が経っても変わることはありません。

広告

-ソングス
-,

Copyright© ザ・ビートルズとその周辺 , 2019 All Rights Reserved.