FROM THE BEATLES 60年代 70年代 ロックの森

ザ・ビートルズとその周辺

月別アーカイブ:2021年01月

アーティスト達(ビートルズの周辺)

ジョン・ウェットンが旅立った日

John Wetton ジョン・ウェットンの音楽活動は多岐にわたり、実に多くのバンドにおいて、その足跡を残して来ました。 一般的にお馴染みという意味でいえば、特に有名なのは、キング・クリムゾン、U.K ...

アーティスト達(ビートルズの周辺)

今宵の1曲 King Crimson - Larks' Tongues In Aspic, Part Two

Larks' Tongues in Aspic クラシック音楽ばかりを聴いて育った幼少時代。 私をロックの道へ導いたのは、誰あろうビートルズでした。 その後の私は、いろいろなアーティストの作品に触れて ...

アーティスト達(ビートルズの周辺)

動物農場とピンク・フロイドのアニマルズ

2021/1/23    

Pink Floyd animals ジョージ・オーウェルという作家をご存知の方々もいらっしゃることでしょう。 その代表作に『動物農場』というものがあります。 (原題はAnimal Farm) 農場を ...

アーティスト達(ビートルズの周辺)

今宵の1曲 シェリル・クロウも歌うリトル・ウィング

Eric Clapton & Sheryl Crow Little Wing(リトル・ウィング)という名曲をこの世へ送り出したのは、かのジミ・ヘンドリックス。 私自身、この曲には思い入れがあり、よく自 ...

アーティスト達(ビートルズの周辺)

Happy Birthday! Susanna Hoffs!

Susanna Hoffs 2021年1月17日。 今日、書き留めておきたいことがあります。 日本の時間では、もうすぐ翌日になってしまいますが、アメリカであれば十分に間に合うと思い、急ぎ書いております ...

アーティスト達(ビートルズの周辺)

今宵の1曲 Peter Gabriel - Red Rain

Peter Gabriel 今日も1日が終わろうとしています。 私達は今、新型コロナウィルスの猛威に包まれていますが、もし10年後になったならば、この時をどう振り返るのでしょうか。 それでも変わらず日 ...

ソングス

ノルウェイの森という復讐の物語

Rubber Soul ビートルズのオリジナル・アルバム、その6作目にあたるのが『Rubber Soul』(ラバー・ソウル)。 そのA面2曲目に収録された作品が、Norwegian Wood (Thi ...

アーティスト達(ビートルズの周辺)

今宵の1曲 恋は悲しきもの Why Does Love Got to Be So Sad?

世の中は3連休。 今日はその末日にあたります。 ニュースでは、新型コロナウィルスの感染状況が発表され続け。 そんな1日の終わりに、私は今日も音楽を聴いています。 今宵の1曲は、『恋は悲しきもの』。 ま ...

アーティスト達(ビートルズの周辺)

デヴィッド・ボウイ 星になる

David Bowie 鬼才という言葉がありますが、私はこの2文字を思うとき、デヴィッド・ボウイの名前が脳裏をよぎります。 どれだけ才能に恵まれた人だったのか。 それは多岐に及び、まさに宇宙人のようだ ...

Copyright© ザ・ビートルズとその周辺 , 2021 All Rights Reserved.