FROM THE BEATLES 60年代 70年代 ロックの森

ザ・ビートルズとその周辺

月別アーカイブ:2015年09月

no image

ポール・マッカートニー

演奏者としてのポール・マッカートニー

2015/9/30  

ポール・マッカートニーといえば、数え切れないほどの名曲を生み出した、文字通りのヒットメイカーだと言っていいでしょう。 特に、バラードやラブ・ソングでは、ポールの真骨頂たる永遠の名作が沢山世に出ています ...

no image

アルバム ビートルズと物語

緊迫感に包まれたアビーロードの収録スタジオ ヨーコの存在をポールが語る

2015/9/29    

ビートルズとして最後に録音をしたのが、アビーロードですが、アルバムの出来映えとしては、見事!だと、私は思っています。 収録された楽曲達も素晴らしいし、コンセプトをもったアルバムとして、全体を通じて非常 ...

no image

ジョン・レノン ソングス

時間に追われる生活を皮肉ったジョンの作品 眠らせておいてくれ

2015/9/28  

時にジョンは、時間に追われ、走り回る生活に対して、自虐とも思えるけだるい曲を創っていますね。 その代表格のひとつが、アルバム、リボルバーに収録されている「アイム・オンリー・スリーピング」だと思います。 ...

no image

ソングス ビートルズと物語

ビートルズが最後にバンドとして輝いた瞬間 The End

2015/9/27  

長く、4人組のバンドとして、幾多の栄光と試練を共有してきたビートルズにも、終わりを迎える時がやってきます。 その活動後期には、もはやバンドとしてというより、個々人が、それぞれに表現したものを集合体にす ...

no image

ソングス ポール・マッカートニー

ビートルズにあっても極めつけの美な曲

2015/9/25  

ビートルズは、レコードデビュー以降、様々な試行錯誤と実験を繰り返し、自ら成長していったバンドだと思います。 前例が少ない中で、よくぞここまで創り上げた!と、驚愕させられることも度々。 ロックンロールあ ...

no image

ソングス リンゴ・スター

唯一リンゴ・スターだけが録音に参加したビートルズ・ナンバー

2015/9/24  

ビートルズといえば、どうしてもまず話題になるし注目されるのは、ジョン・レノンとポール・マッカートニーでありましょう。 その二人に次ぐ立ち位置にジョージ・ハリスンがいて、限られた楽曲をアルバムに挿入して ...

no image

ジョン・レノン ポール・マッカートニー

ジョンとポール アルバム「ラム」を巡る写真のやり合い

2015/9/23  

ビートルズ解散後の1971年に、ポール・マッカートニーは、「ラム(RAM)」というアルバムを発表します。 この作品は、チャート上でも、それなりにヒットを収めますが、ポールの周辺にいた人々にとっても、そ ...

no image

ジョン・レノン ソングス

ジョン・レノンの心の歌 ジェラス・ガイ

2015/9/22    

ジョン・レノンは、究極のワンフレーズとも呼べるような、シンプルな言葉で、メッセージ性の強いナンバーをつくることがよくありました。 また、時には、造語を駆使し、その真意を探るに何年もの歳月を要するような ...

no image

ソングス リンゴ・スター

リンゴ・スターのオクトパス・ガーデン

2015/9/20  

一流のバンドであれば、火傷しそうな個性がぶつかり合うことは必然かと思います。 特に、ビートルズのように、偉大な才能が集まったグループであれば、自我が衝突しないほうが不思議というもの。 そんな中にあって ...

no image

ジョン・レノン ソングス

詩人ジョン・レノン渾身の作品 アクロス・ザ・ユニバース

ジョン・レノンという人は、ロックンローラーにして、詩人でもあったと、私は常々思っています。 幼い頃に、ルイス・キャロルの作品世界で遊んだことも影響しているのでしょうか。 語韻といい、言葉の並べ方といい ...

no image

アルバム ビートルズと物語

回収・発売禁止になったビートルズのアルバム ブッチャー・カバー

2015/9/18  

多くの名盤、アルバムを生み出したビートルズですが、微妙な位置づけにある作品が存在します。 そのタイトルは、「Yesterday and Today」。 本来、ビートルズのオリジナルアルバムではなく、ア ...

no image

アーティスト達(ビートルズの周辺)

moecoticが織りなすビートルズ・ワールド

2015/9/17    

ビートルズが好き! という方々の中には、ご自分で演奏し、歌い・・・と、カバーをなさっているケースも多いかと思います。 まったくもって、私の印象ですが、「カバー」をするとき、大きく分けて、2種類のタイプ ...

no image

ソングス

グッド・モーニング・グッド・モーニングと鶏

2015/9/16  

何とも、人を食ったような曲名ではありますね。 私としては、そこが好きでありまして。 グッド・モーニング・グッド・モーニングは、ご存知かの名盤、サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンドに ...

no image

アーティスト達(ビートルズの周辺)

ジェイク・シマブクロとビートルズ

60年代以降、今に至るまで、ビートルズから影響を受けたミュージシャン、アーティストは、星の数ほど存在すると言っていいでしょう。 本人達が意識していなくても、その系譜を辿れば、どこかでビートルズに辿り着 ...

no image

アーティスト達(ビートルズの周辺) ポール・マッカートニー

ポール・マッカートニーとエルビス・コステロ

ビートルズ解散が近づくにつれ、4人はそれぞれのカラーを出し始めていきましたね。 このアルバムからだ!と、断言するのは難しいものの、おそらくホワイト・アルバムを区切りとして、目指すものの違いが鮮明になっ ...

Copyright© ザ・ビートルズとその周辺 , 2019 All Rights Reserved.