FROM THE BEATLES 60年代 70年代 ロックの森

ザ・ビートルズとその周辺

アーティスト達(ビートルズの周辺)

ビートルズ後期に出現したスーパー・トリオ クリーム 1966年のターニング・ポイント

投稿日:

07fd392e9e77586918c50155a7ad0090
ライブハウス等での下積み時代を経たビートルズは、やがて世界中を熱狂させる存在へとなっていきます。

ライブを開催すれば、常に熱狂的なファンに囲まれ、文字通り休む暇もなかった日々。

そんなビートルズが、アルバム・リボルバーを発表したのが1966年。
この頃から、ビートルズはライブ活動を控え、スタジオでのサウンドづくりをメインにしていくことになります。

折しも、その同時期1966年に、ロック史に革命を起こすスーパートリオ(スリーピース・バンド)が登場してきます。
その名は、クリーム。

クリームの特徴は、まず一人ひとりの演奏スキルが、恐ろしく高い!
何せメンバーは、ギターにエリック・クラプトン、ベースにジャック・ブルース、ドラムにジンジャー・ベイカーという超強力な布陣でした。

クリームが、音楽シーンに現れる前までは、多くはボーカルメインの楽曲が主流だったわけですが、彼等3人は、その常識を根本から覆した。

大音量での演奏。
それは、まさに3人のバトルとでも表現したくなるようなもので、大型アンプを使用したライブパフォーマンスは、延々と続くアドリブ合戦で、ニュー・ロックとも呼ばれ始めていました。

クリームのサウンドは、サイケデリック色の強いものとされましたが、ことライブ・ステージになると、圧倒的な迫力と技術に裏付けされた、当時としては、あまりにも高いクオリティーを誇るものだった。

特に、ライブ時に自由に延々と3つの楽器が、アドリブを矢継ぎ早に叩き込む様は、聴く者を虜にしていきます。

クリームのメンバー3人は、それぞれ異なるバックボーンを持っており、ドラムのジンジャー・ベイカーは、ジャズ畑から、ギターのエリック・クラプトンはブルース、そしてベース兼ボーカルのジャック・ブルースは、本格的にクラシックを学んでおり、チェロ奏者としても知られています。

クリームの出現により、ボーカルメインの時代から、長いリフを採用した大作を制作するバンドが、その後排出されてきます。

アフター・ザ・ビートルズの時代、その先駈けはクリームであった!
そう言っても、大きな間違いはないと思います。

ビートルズが、リードしてきたロック界に新風が吹くターニングポイント。
それこそ、1966年前後と言っていいかもしれません。

広告

-アーティスト達(ビートルズの周辺)
-

Copyright© ザ・ビートルズとその周辺 , 2019 All Rights Reserved.