FROM THE BEATLES 60年代 70年代 ロックの森

ザ・ビートルズとその周辺

アーティスト達(ビートルズの周辺) ビートルズと物語

ジョージ・マーティン 90歳に

投稿日:

12439218_1124598607558851_8495877490389899404_n
ビートルズが表舞台に飛び出すまでには、それを支えた人々がいたことを忘れてはいけませんね。

まず、ビートルズのマネージャー役として、売り込みに奔走したブライアン・エプスタインの存在は大きいし、その意に応え、ビートルズにチャンスを与えたのが、ジョージ・マーティンだと言っていいでしょう。

一日遅れになってしまいましたが、1月3日は、ジョージ・マーティンのバースデイ♬

ハッピーバースデイ、ジョージ!

1926年生まれですから、ちょうど90歳になったのですね。

一般的にジョージ・マーティンは、音楽プロデューサーとして知られていますが、自身でも演奏をするし、オーケストレーションや音響技術にも精通し、その才能は、ビートルズの作品づくりに、大きな貢献を果たしています。

「5人目のビートルズ」とさえ呼ばれることも・・・。

私が、はじめてジョージ・マーティンを意識したのは、アルバム「ラバー・ソウル」に収録された「イン・マイ・ライフ」のサウンドを聴いたときでした。

ちょっぴりバロック風味を思わせるピアノのソロが、とても新鮮であり、曲調に鮮やかな彩りを添えていると感動したものでした。

ある意味、ジョージ・マーティンこそ、ビートルズを、そして4人それぞれのメンバーを最も知る人物と言えるかもしれません。

ビートルズという名前が、あまりに巨大過ぎ、4人のメンバーが、限りなく魅力的であることから、なかなか表舞台で取り上げられないジョージ・マーティンですが、私は、20世紀の音楽界を変えた功労者だと思っています。

改めて、おめでとうジョージ!

広告

-アーティスト達(ビートルズの周辺), ビートルズと物語
-

Copyright© ザ・ビートルズとその周辺 , 2019 All Rights Reserved.