FROM THE BEATLES 60年代 70年代 ロックの森

ザ・ビートルズとその周辺

ジョン・レノン ソングス

ジョンが嫌いだ!と言ったビートルズナンバー It's Only Love

投稿日:

ビートルズのオリジナルアルバムとしては5作目にあたるのが『Help!』。
1965年8月6日に、イギリスでリリースされたこのアルバムのB面2曲目に収録されたのが、 It's Only Loveですね。
ヘルプ!のアルバムに収録されたナンバー全体がそうなのですが、この1曲も、ついつい口ずさみたくなるものです。

It's Only Loveは、お馴染みレノン=マッカートニー作品ですが、実質的にはジョンのものだとされています。

ところで、ジョンにはよくあることですが、つくった本人はこのナンバーが大嫌いなのだとか・・・。
特に、歌詞が気に入らなかったようです。

ジョンの場合には、ポールのナンバーであっても、ダメだと思ったものはダメ!と言いますからね。
ただ、ポールの作品でも良いと感じたものは良いと言う。

他にも、ジョン自身が嫌いだと言っているナンバーはありますが、実は私、そういうナンバーが結構好きだったりもします。

どうしようもない恋心を歌った作品とも言えそうですが、若さとか、少し青い感じとか、なかなか良いのではないでしょうか。

特に私は、この部分の言い回しが・・・響きと申しますか・・・が、好きです。

Why am I so shy when I'm beside you?

君のそばにいると、ぼくはどうしてシャイになってしまうのだろう?

若き時代。
これもまた、ジョンの声だったのだと思います。

広告

-ジョン・レノン, ソングス
-,

Copyright© ザ・ビートルズとその周辺 , 2019 All Rights Reserved.