FROM THE BEATLES 60年代 70年代 ロックの森

ザ・ビートルズとその周辺

ソングス ポール・マッカートニー

牧歌的世界と孤独感 マザー・ネイチャーズ・サン

投稿日:

The Beatles
ホワイトアルバムの収録曲である「マザー・ネイチャーズ・サン:Mother Nature's Son」は、実にポールらしい曲想だと思います。

牧歌的な風景が、自然に浮かんでくるような世界観。

サウンド面でも、歌詞の内容的にも、ポールのオリジナリティーがあふれる作品ではないでしょうか。

静かな曲ではありますが、何と申しますか、人々の潜在意識を刺激する不思議なパワーをも持っている作品だと感じます。

優しさと寂しさと・・・。
穏やかな陽光さす光景であるようでいて、雲の影も感じるような・・・。

ホワイトアルバムの特徴のひとつでもありますが、このナンバーは、ホーンセクション(管楽器)以外は、すべてポール一人で演奏しています。

ギターはもちろん、ティンパニを含むリズム部も。

ゆえに、他のメンバー3人は、このマザー・ネイチャーズ・サンの録音に携わっていない。

こういった郷愁あふれるナンバーをスタジオに一人籠もり、創り上げていたときのポールの気持ちは、一体どんなだったことでしょう。

ところで、このナンバーにおけるアコースティックギターの響きが、とても印象的ですが、その鳴りを静かに確認すれば、あの「ブラックバード」の演奏と同じギターが使用されていることが分かります。

時代的にいっても、マーチンD-28かと思われます。

ポールとアコースティックギターといえば、日本製、老舗ブランドのK・ヤイリを思い出す方々も多いことでしょう。
そのへんのお話は、ぜひまた後日。

広告

-ソングス, ポール・マッカートニー
-

Copyright© ザ・ビートルズとその周辺 , 2019 All Rights Reserved.