エルビス・コステロとポール・マッカートニーの共演 ポールにヘフナーを使わせた男


ポール・マッカートニーは、ある時期において、エルビス・コステロとの距離をぐっと近づけたことがありますね。
お互いのアルバムに参加するなど、ある意味対等なコンビのようにさえ見えたものです。
今回は、そんな二人の共演作から、エルビス・コステロのVeronica(ヴェロニカ)のことに、ちょっとだけ触れてみたいと思います。
続きを読む →

あのイエスもカバーしたビートルズの初期ナンバー Every Little Thing(エヴリー・リトル・シング)


1964年12月4日にリリースされたビートルズ4作目にあたるオリジナルアルバム、Beatles for Sale(ビートルズ・フォー・セール)。
このアルバムのB面4曲目に収録されたのが、Every Little Thing(エヴリー・リトル・シング)。
お馴染み、レノン=マッカートニーのコンビ名でクレジットされているナンバーですね。
実は私、このナンバーがかなり好きです。
続きを読む →

キング・クリムゾンが放ったLarks’ Tongues in Aspic(太陽と戦慄)


昨日は、まるで真夏のような暑さでしたが、今日は心地よい風もあり、過ごしやすい気候になりましたね。
そんな涼やかさもある夜、そのタイトルを聞いただけで熱くなりそうなアルバムを今宵は流しております。
キング・クリムゾンのLarks’ Tongues in Aspic(邦題:太陽と戦慄)です。
もはや、驚異的な作品だと思います。
続きを読む →

リンゴがボーカルを担当したビートルズ・フォー・セールでのナンバー Honey Don’t(ハニー・ドント)


1964年12月4日にリリースされたビートルズ4作目にあたるオリジナルアルバム、Beatles for Sale(ビートルズ・フォー・セール)。
このアルバムのB面3曲目に収録されたのが、Honey Don’t(ハニー・ドント)。
リンゴがボーカルを担当したナンバーですね。
続きを読む →

ハッピー・バースデー! ジャック・ブルース!


ジャック・ブルースという存在は、私にとって非常に大きな位置を占めています。
バンドをはじめようと思った際、どうしてもベーシストがいなくて、自分が担当をすることになり、まずお手本にしたのが、ジャック・ブルースのプレイスタイルでした。
また、ジャック・ブルースは、ベーシストとしてだけではなく、ボーカリスト、作曲家としても、素晴らしい才能を持っていたレジェンドだと思います。
続きを読む →