ジョン・レノンの真骨頂 アイ・アム・ザ・ウォルラス

pinkie1
アルバム『マジカル・ミステリー・ツアー』は、ヒット間違いなし!という作品が宝石箱の中に鏤められているようです。

実際、シングルカットされた曲も多く、ある意味、サージェント・ペパーズとは違った意味で、ビートルズを代表する作品のひとつではないでしょうか。

そんな名盤の中にあっても、激しい衝動感に誘われるナンバーといえば、アイ・アム・ザ・ウォルラス。

これはまさに、ジョン・レノンの真骨頂。
続きを読む →