FROM THE BEATLES 60年代 70年代 ロックの森

ザ・ビートルズとその周辺

未分類

スティーブ・ウィンウッドとエリック・クラプトン リトル・ウィングのこと

投稿日:


スティーブ・ウィンウッドとエリック・クラプトンといえば、まず思い出すのは、あのブランドフェイスですね。
短命に終わったバンドでしたが、二人のコラボレーションは素晴らしかったと思います。
実は私、ここ数日、スティーブ・ウィンウッドとエリック・クラプトンが共演したライブ音源を聴き続けております。

数年前に、エリック・クラプトンが来日した際に、スティーブ・ウィンウッドも帯同しており、その際に取れた席が、ちょうどスティーブ・ウィンウッドの前あたりだったので、心ゆくまで堪能できたという思い出もあります。

個人的な話になりますが、私の東京でのライブが決まりまして、今回はエリック・クラプトンに関連するナンバーをチョイスしようと考えております。
あとは、ジミ・ヘンドリックス関係。

エリック・クラプトンとジミ・ヘンドリックスといえば、リトル・ウィングで繋がっていますね。
ジミ・ヘンドリックスが残した名曲は、多くのアーティストによってカバーされています。

このリトル・ウィングをやってみようと思っているのですが、イメージ的に、スティーブ・ウィンウッドとエリック・クラプトンが一緒にプレイしているものを参考にしようかと。

ボーカルの掛け合いが絶妙です。

スティーブ・ウィンウッドは、ご存知の皆様が多いと思いますが、いわゆるマルチ・プレイヤー。
キーボードは勿論のこと、ギター、ドラム、ベースも弾くことができますね。

そんな中、やはり私が一番好きなのは、オルガンを弾いている姿です。

このイメージで。

スティーブ・ウィンウッドに、エリック・クラプトンへ、そしてジミ・ヘンドリックへと捧げるために、ちょっとがんばってみたいと思います。

広告

-未分類

Copyright© ザ・ビートルズとその周辺 , 2019 All Rights Reserved.