FROM THE BEATLES 60年代 70年代 ロックの森

ザ・ビートルズとその周辺

アーティスト達(ビートルズの周辺)

RIP Greg Lake グレッグ・レイクが天に召された日

投稿日:


グレッグ・レイクといえば、私の青春時代において特別な存在でもありました。
幅広い活躍をしたアーティストでありますが、その名を世界に知らしめたのは、やはりキング・クリムゾンのオリジナルメンバーとして、あの脅威のデビューアルバムを発表した時だったと思います。
ベーシストとして、ギタリストとして、またボーカリストとして、多くの名演を繰り広げたグレッグ・レイク。
今日、12月7日は、その命日にあたります。

グレッグ・レイクが亡くなったのは2016年のこと。
あれから2年が経っています。

プレイヤーとしての才能も素晴らしいものがありますが、私がまだ若い頃、グレッグ・レイクに惹かれたのは、その声の良さでした。
歌い方なども、よく真似をしていたもの。

キング・クリムゾンのメンバーとしては、ファースト、セカンドアルバムに参加し、その後エマーソン・レイク&パーマーのメンバーとして、世界的な人気を誇るようになっていきます。
まさに、60年代後半から70年代を代表するアーティストの一人だと言っていいと思います。

ライブでのステージでは、時折ギターを手にバラードをも披露したグレッグ・レイク。
実に味わい深い歌声だと、いまでも実感します。

グレッグ・レイクが亡くなったとの報を受けたとき、私は何とも表現し難い寂しさに襲われました。

今日は、彼が残した作品の数々に包まれて過ごしたいと思います。

安らかに眠れ。

広告

-アーティスト達(ビートルズの周辺)
-

Copyright© ザ・ビートルズとその周辺 , 2019 All Rights Reserved.