FROM THE BEATLES 60年代 70年代 ロックの森

ザ・ビートルズとその周辺

ビートルズと物語

ハッピー・バースデー! パティ!

投稿日:

Patty Boyd


パティ・ボイドとは、ある意味数奇な運命を辿って来た人だと言っていいかもしれません。
ビートルズファンにはお馴染みのとおり、ジョージ・ハリスンの妻であった女性。
また、これもよく知られていることですが、エリック・クラプトンと結ばれた時期もあった。
この一人の女性がいたことで、幾多の名曲が生まれたことも事実。

今日、3月17日は、そんなパティの誕生日。
ハッピー・バースデー!パティ!

パティ・ボイドは、1944年生まれ。
ジョージと一緒にいる写真やエリック・クラプトンと共に過ごしている写真などを見て育った私にとっては、パティはずっとあの頃のままという感覚さえ起こります。

前述したとおり、パティの存在があったがゆえに生まれてきた名曲達が数あるわけですが、誕生日にあたって何をチョイスしましょうか。
今日はちょっと大胆な選曲にしてみたいと思います。

エリック・クラプトンがパティに寄せる思いが堰を切ったように溢れ出ているあの曲を。

レイラは、デレク・アンド・ザ・ドミノス時代のナンバーであり、オリジナル音源では、デュアン・オールマンがギターで参加をしています。
当時、エリック・クラプトンとデュアン・オールマンが共演することは、かなりのインパクトがあったことも事実。
デュアン・オールマンが加わったことで、このナンバーは不朽の名作足るに至ったと言ってもよいと思います。

それにしてもパティ。
この女性がいたからこそ、こうして長く語り継がれる名曲が世に出て来た。
それを思うとき、やはりロック史において重要な位置を占める人だと再認識するのでした。

広告

-ビートルズと物語
-,

Copyright© ザ・ビートルズとその周辺 , 2019 All Rights Reserved.