FROM THE BEATLES 60年代 70年代 ロックの森

ザ・ビートルズとその周辺

アーティスト達(ビートルズの周辺) ソングス

moecoticが奏でるBeatles World, Jealous Guy

投稿日:

o0480064013526446583
新しい年が幕をあけました。
思えば、昨年も、沢山のライブへ足を運んだものでした。

そんな数あるステージの中でも、moecoticちゃんのステージは、いつも印象に残るもので、楽しさや切なさを含めて、心を届けてくれます。

moecoticちゃんの2015年ラストを飾るステージは、12月29日、新宿御苑にて。

この場にいた私は、何と、あの大好きなナンバーを堪能することができました。

ジェラスガイ(Jealous Guy)

ジェラスガイは、ジョンの数ある作品の中でも、私、大、大好き!なナンバーであり、それをチョイスしてくれたmoecoticちゃんに感謝です。

最高の年の〆となりました。

ジョンのナンバーには、メッセージ性の強いものが多々ありますが、私は、人間としての弱さのようなものを隠そうともせずに、切々と歌うジョンの姿が好きです。

その象徴たるナンバーのひとつが、ジェラスガイではないかとさえ思っています。

昨年の或る日。
moecoticちゃんが、「カバーしてほしい曲のリクエスト」を募集していて、私が選んだのが、ジェラスガイ。

忘れずに歌い、演奏してくれるところが、また素晴らしい。

moecoticちゃんと交流を持つようになってから、相当の歳月が経ちました。
きっと、お互いそれぞれに、いろいろなことがあった。

でも、どれだけ時が経っても、moecoticちゃんは、ファン、お客さんを心から大切にしている。
その姿は、変わることなく、いや、以前よりも、ずーっとずーっと、人としてよりあたたかく優しくやっているようにも思えます。

私、長い間にわたり、いろいろな人がプレイするビートルズを聴いてきましたが、女性が歌うジェラスガイは、はじめてでした。

とてもいいものですね。
このナンバーを選んでくれて、ありがとう!

なお、今回ご紹介したmoecoticちゃんは、さおりんごスターこと、金澤沙織ちゃんと二人で、毎月一回ペースで、ビートルズ・ラブを語るUstreamを配信しています。
次回の放送予定が分かったら、ぜひご紹介したいと思っています。

ビートルズが繋ぐLoveの輪ですね♬

そうだ!
次のUstreamでは、ジェラスガイを実演した感想について語ってもらうよう、この場でPRしておきましょう(^.^)

Thanks moeco.

付記
使用した写真については、moecoticさんから許可をいただいております。

広告

-アーティスト達(ビートルズの周辺), ソングス
-,

Copyright© ザ・ビートルズとその周辺 , 2019 All Rights Reserved.