FROM THE BEATLES 60年代 70年代 ロックの森

ザ・ビートルズとその周辺

アーティスト達(ビートルズの周辺)

異次元のギタリスト ジェフ・ベック

投稿日:

Jeff Beck

ジェフ・ベックのことを書いてみたいと思います。
この人のことは、何と表現すればよいのでしょうか?
単に、優れたギタリストというだけでは違うと思うのです。
こんなことだってギターで出来るんだぜ!
誰も考えたりしなかったことまで、ギターでやってしまう。
異才にして偉才ですね。

私が、はじめてジェフ・ベックのレコードを買ったのは、中学生時代でした。
最初は、驚きと共に戸惑いもありました。

ギターを弾きたい!と、練習をはじめていた時期の自分にとって、ジェフ・ベックのプレイは、憧れというよりも絶望をもたらしました。

これは、とてもじゃないけど弾けない!と、率直に思ったものです。
たとえば、同世代のギタリストとしての有名どころといえば、エリック・クラプトンがいたり、ジミー・ペイジの存在があったりしたわけですが、彼等のギタープレイは、ちょっと真似をしてみようか!と、思わせるものでした。

ただ、ジェフ・ベックに関しては、これはもうとても無理だ、という気持ちが先に立ってしまいました。

ただ、そんなことを言いながら、私はちゃっかりジェフ・ベックのシグネーチャー・モデルを所持しています。

すべては無理だけれど、その片鱗くらいは試してみようかと、思い始めた時期がやってきます。

ジェフ・ベックのプレイスタイルには、無限性があって、ある種つかみどころがないわけですが、特定のプレイならば、トライできる!
そう思ったのです。

ジェフ・ベックのプレイ、その特徴として、アームの使い方であったり、ボリュームスイッチを駆使するやり方があると思うのです。
それを時折、自分のプレイに取り入れてみることにしました。

結構これが面白い。

それにしても、ここまでギター道を探求するジェフ・ベックという人は、やはり常人ではありませんね。
その奏法から学ぶことは沢山あるし、これからも美味しいところどりをしていきたい!との決意を固めている私でした。

広告

-アーティスト達(ビートルズの周辺)
-,

Copyright© ザ・ビートルズとその周辺 , 2019 All Rights Reserved.