FROM THE BEATLES 60年代 70年代 ロックの森

ザ・ビートルズとその周辺

ソングス リンゴ・スター

今宵のビートルズ With a Little Help from My Friends(ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ)

投稿日:

beatles-sgt-peppers-lonely-hearts-club-band
今日も一日が終わろうとしています。
曇り空、時々雨。
レオン・ラッセルの訃報を知った朝でした。
こんな日は、心があたたまるナンバーを聴いて、一日を閉じたいものです。
With a Little Help from My Friends(ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ)

このナンバーは、ご存知ビートルズの金字塔と呼ばれるアルバム「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」の2曲目に収録されているものです。

曲づくりは、レノン=マッカートニーですが、リードボーカルとしてリンゴ・スターがフィーチャリングされ、ある意味リンゴの代名詞的なナンバーとなっています。

友達と会話するようなつくりになっているナンバー。
そのやり取りが、心に染みます。

リンゴがリードボーカルを務めるときには、ジョン、ポール、ジョージがバックコーラスを揃って歌い、みんなでやっているという雰囲気が表に出てきていいですね。

今でもリンゴは、このナンバーを大切にしているようで、ライブでも定番になっています。
リンゴにとっては、ビートルズ時代の良き思い出なのだと実感します。

今年は、来日も果たしてくれたリンゴ・スター。
本当に、いつまでも元気でいてほしいですね。

明日が、皆さんにとって素敵な日でありますように。

広告

-ソングス, リンゴ・スター
-

Copyright© ザ・ビートルズとその周辺 , 2019 All Rights Reserved.