FROM THE BEATLES 60年代 70年代 ロックの森

ザ・ビートルズとその周辺

アーティスト達(ビートルズの周辺) ジョージ・ハリスン ソングス

ビートルズナンバーのカバー ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス(ジェフ・ヒーリー)

投稿日:

Jeff Healey

言わずもがなですが、ビートルズは幾多の名曲をこの世に送り出しました。
必然的に、多くのアーティストが沢山のカバーを発表しています。
私としては、折りに触れて、そういったビートルズのカバーのことを取り上げてみたいと思っています。
今回は、ジョージ・ハリソンの代表曲のひとつと言ってもいいホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープスを。

ご存知のとおり、このナンバーは、ホワイトアルバムに収録されているもので、何より画期的なのは、ビートルズのレコーディングに、エリック・クラプトンが参加していることですね。

チョーキング・ビブラートを用いた奏法は、当時としては斬新なものでした。
泣きのギターの代名詞的名演と言ってもいいと思います。

このナンバーをカバーしているアーティストは、やはり多数存在しますが、今回取り上げてみたいのは、ジェフ・ヒーリーです。

膝の上にギターを置いて、左右10本の指を独特に操る奏法。
ジェフ・ヒーリーは、がんのため生まれ落ちて1歳のときには失明していたと伝えられています。

ギターを始めたのが3歳のときだというのですから、独学で自分だけの奏法を生み出したものと思われます。

私が、ジェフ・ヒーリーの存在を知ったのは、たまたま聴いていたラジオからの情報によってでした。
かなり衝撃も受け、すぐさまアルバムを買い求めた記憶があります。

彼のプレイは、音源から入った私ですが、後年、プレイをしているフィルムを初めて観た際には、驚きました。
こういう弾き方が可能なのか!と。

ジェフ・ヒーリーは、病と闘う人生を送りつつ、音楽活動も続けていました。
ギタリストとして、見習いたい存在です。

ジェフ・ヒーリー。
2008年3月2日没

広告

-アーティスト達(ビートルズの周辺), ジョージ・ハリスン, ソングス
-,

Copyright© ザ・ビートルズとその周辺 , 2019 All Rights Reserved.