FROM THE BEATLES 60年代 70年代 ロックの森

ザ・ビートルズとその周辺

ジョン・レノン ビートルズと物語

ジョンの魂 1980年のあの日

投稿日:

あの日のことは、いまでも鮮明に憶えています。

1980年12月8日。

ちょうど、私は代々木の街を歩いておりました。

路傍で耳を疑う言葉が容赦なく飛び込んできたものです。

ジョン・レノンが死んだ。

あの瞬間における自分の感情。

あの日、残された時間。

自分が何を思い、何を感じたか。

言葉には、とても出来ません。

そのニュースを聞いたとき、私は19歳という年齢でした。

人生の中でも多感な季節ではあり、友人が泣いていたことも思い出されます。

当時は、今のようにインターネットなどは普及していませんでしたので、情報を得るといえば、ラジオが最も身近なものでした。

私は、急いで帰宅をすると、すぐさまラジオのスイッチを入れ。

悲しいことに、それは事実でした。

ジョン。

世の中には、人生には、時折信じがたい出来事が起こるようです。

それにしても、あまりに悲しい思い出でした。

ただ、ジョンは天へ旅立ちましたが、その日以降も絶えることなく、世界中の人々の心で生き続けている。

おそらく、これからも長く、永遠に。

ジョンの魂。

肉体は消えても、脈々と流れ続けるもの。

そういった意味では、ジョンの人生は打ち上げ花火のようなものではなく、川の流れに似ているのかもしれません。

この日にあたり。

ジョン、安らかに眠れ。

そして、これからも生き続けてほしい。

Thank You John.

広告

-ジョン・レノン, ビートルズと物語
-

Copyright© ザ・ビートルズとその周辺 , 2019 All Rights Reserved.