ジョージ・ハリスン 曲づくりの原点 『Don’t Bother Me(ドント・バザー・ミー)』

889
ビートルズの曲づくりといえば、レノン=マッカートニーという黄金のコンビが君臨していたわけですが、私としては曲づくりにおけるジョージ・ハリスンの才能に一目置いております。
ただ、曲づくりに関していえば、ジョージが遅咲きだったのは確かかと思います。
ある意味、すぐ近くに天才2人がいたことは、ジョージにとって難しい環境だったかもしれないと想像してみたり・・・。
続きを読む →