FROM THE BEATLES 60年代 70年代 ロックの森

ザ・ビートルズとその周辺

アーティスト達(ビートルズの周辺)

イギリスの歌姫 ケイト・ブッシュ(Kate Bush) その天才性

投稿日:


天才という言葉は、安易に使うべきではないのかもしれません。
しかし、この世には、そう呼びたくなる存在というものがあり。
私の中では、ケイト・ブッシュが、まさに天才として大きな位置を占めています。

1958年7月30日生まれのケイト・ブッシュ。
イギリスの歌姫とも呼ばれました。

その音楽へのアプローチや表現技法は、あまりにも独創的で、神秘の世界へ誘われるかのよう。
歌い、ピアノを弾き、ダンスを踊り、パントマイムを操り・・・。
その才能は、ほとばしり、他の追随を許さないほどでした。

そんなケイト・ブッシュですが、デビュー前のこと、レコード会社へ持ち込んだ音源は、相手にもされなかったとか・・・。
誰も才能を見抜けなかったのですね。

ケイト・ブッシュがデビューしたときは、まさにセンセーショナルでした。
1977年のこと。

シングルとしては、『Wuthering Heights(嵐が丘)』、ファーストアルバムは『THE KICK INSIDE』。

アルバムジャケットの帯には、「デビッド・ギルモアの秘蔵っ子」という文字が・・・。
そう、ピンク・フロイドのデビッド・ギルモアが、ケイト・ブッシュの才能を見込んでのことでした。

レコード会社の連中は、何をやっていたのか!というところですね。

今夜は、そんなケイトの数ある名作の中から、あえてファーストアルバムに収録されているナンバーをチョイスしてみたいと思います。

The Saxophone Song

ファーストシングルとして名高い『Wuthering Heights(嵐が丘)』は、もちろん、あの小説家、エミリー・ブロンテの世界を歌っているものです。

エミリー・ブロンテも天才だった。
私は、そう思っています。

ある意味、小説と音楽による天才と天才のコラボ。
そんな表現もできそうです。

ケイト・ブッシュがデビューをしてから、歳月が流れましたが、いまだに根強いファンは多く、ケイト・ワールドを漂っているかのよう。

間違いなく、イギリスの世界の音楽シーンに衝撃を与えた一人でした。

広告

-アーティスト達(ビートルズの周辺)
-,

Copyright© ザ・ビートルズとその周辺 , 2019 All Rights Reserved.